スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のラノベについて思うこと。

今日は感想の更新はありません…ので、たまにはラノベ感想以外のことも。

   :

つい先日、オーバーラップ文庫なる新レーベルが創刊されました。
といっても僕は全然知らなかったので、店頭で現物を見て知ったんですけども。

いや別にオーバーラップ文庫さんそのものに対して
特に思う所があるわけではないのですが、正直なところ…

ここのとこ、ラノベのシェア拡大しすぎじゃね?

ということを何の気なしに思いまして。
(ラノベの定義自体が曖昧、という点はさておいて)

僕の場合、一応ラノベという言葉も無ければ電撃文庫という最大手も無い時代から
ラノベを読んでる(といっても当時の読む量は今の1/100程度ですが)人間なので、
ここまでの一大ジャンルになった事自体は結構感慨深くもあります。

ですけれど、こう一気に膨れ上がると、
ちょっとしたきっかけで破裂してしまうのではないかという不安もあったりして。

まあその辺りはどうあってもなるようにしかならないですし、
そこまで深刻に考えてるわけでもないのでこの際脇に置いときますが、

個人的に問題なのが、兎にも角にも作品を追い切れない、ということ。

そりゃいくらシェアが拡大したって、一個人の消化可能な量が増える訳でなし。
そのくせ刊行数だけは鰻登りに増えていくのだから、
ラノベ読みとしてはちょっともどかしいものがあるんですよね。
(どのみち全刊行作品の網羅など、絶対に不可能ではあるのですが…)

ついでに言うなら、刊行数が増える事により粗製濫造…は言い過ぎにしても、
玉石混交っぷりがより顕著になっている気もして。(しかも多分石の割合の方が多い)

更についでに言うなら、絶対数が増える事で、
埋もれてくる作品も多いと思うんですよねぇ…。
(シェアが増えても、売れ行きが均等になる訳もないですし)

もちろん口コミ(ネット)とかで埋もれずに話題になる作品もありますが、
それで全て掬いきれてるとは到底思えない。
埋もれたままロクに知られることもなく、ひっそりと打ち切られたような
作品も多分あるんだろうなぁ、と思うとやっぱりちょっと切ないですし、
絶対数が増える事でそういう作品がもっと増えるのではないかと思うと、更に切ない。
純粋につまらなくて売れずに打ち切り、ならまだしも。

正直ここらで小康状態になって欲しい、と個人的には思う次第。



乱文失礼しました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昔の作品が懐かしい

お久しぶりです!
デジャヴです。

最近のラノベ事情は分からないので、
的確な意見は言えないのですが……。

ラノベ文化が広がるにつれて、なぜか無性に
『ロードス島』などの昔の作品を読みたくなる(笑)
ファンタジーファンタジーしている作品が読みたいです。

作中で「ヒール」などの回復呪文を唱えられると、
ちょっと恥ずかしいけど(笑)
今聞くと恥ずかしい台詞とか、
展開が懐かしいなぁって思います。

中二病と揶揄される時代だから
そういう作風は無くなってきているんでしょうか?
ロードス島、読み直そうかな(笑)

Re: 昔の作品が懐かしい

こんばんは、お久しぶりです^^

> 最近のラノベ事情は分からないので、~

まあ僕自身もちゃんと調べたわけでなし、正確に理解しているという訳でもないんですけどね;
またしても新規レーベルが増えてたので漠然とこんな事を考えてしまっただけで^^;


中二設定や王道路線は、なんだかんだ言っても需要はあると思うのですが、
昨今のご時世だとどうしてもテンプレなイメージもあり、
相応に丁寧に描かないと評価され辛いので、
純正統派な作品は総じて少なくなっているかもしれません。
新旧正道邪道問わず、面白い作品はいつ読んでも面白いんですけどね。
(さすがに僕が昔読んでたような作品は全て処分してしまっているので読み直しようもありませんが…;)

No title

 お初にお目にかかります。

 私などはラノベに手を付けるのも、いわば壮年期のようなときでしたから、筆者さんの思い入れとは違うものがあるかもしれませんね。(一応ティーンですので)
 私は、気に入った本が打ち切られると言う事態に何度も遭遇しているので、共感できるところがありますw(アリス・イン・ゴシックランドなどは植田亮さんのイラストに惹かれていただけに残念……)
 
 ところで昨今のラノベについて石が多いとのことですが、産業自体がコミケと同質の性質を持つからではないでしょうか?
 同人と言う奴ですが、これは結局文芸春秋の時代にも遡るような伝統の有るものだったかと思います。そして、これは当然素人から玄人までの集団ですから、玉石混交になるのでしょう。
 最近はメディアが大きく発展し、黎明期よりも読者層が拡大したから
、より多くの素人を取り込めるようになったということでしょうね。


 ラノベは流行に乗った作品が多いですから、小説として秀逸なラノベが話題になれば、筆者さんのおっしゃる小康状態が訪れてくれる…かもしれませんねw

これからもブログ読ませていただきます、それでは!

Re: No title

> 猫さん
はじめまして、コメントありがとうございます^^

>  私は、気に入った本が打ち切られると言う事態に~

気に入った作品の打ち切りは本当に辛いですよね。
商業作品である以上、世間的に売れなければどうしようもない部分もあるのですが…。
(個人的には、ぼくと魔女式アポカリプス、藤堂家はカミガカリ、Zぼーいず/ぷりんせすあたりが非常に残念…魔女式はきっと時代を先取りしすぎたに違いない;)


>  ところで昨今のラノベについて~

レーベルも増え、新人賞も増えている昨今、経験の浅い作家さんも多いのでしょうから止むを得ないといえば止むを得ないのですけどね^^;
個人的には、新人さんをきちんと育てられるような環境を出版社側にも整えてほしいとは思います。
(程度の差はあっても、そこを蔑ろにしている所はあまり無い…と思いたいのですが)


> これからもブログ読ませていただきます、それでは!

ありがとうございます!
いつも主観と思いつきに走りすぎた内容で申し訳ありませんが、少しでも楽しんでいただければ幸いです。
お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。