スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:エスケヱプ・スピヰド

   
 【本日の読了】
 エスケヱプ・スピヰド
   著者:九岡望
   挿絵:吟
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A

横線1
昭和一○一年夏。極東の島国《八洲》は、二十年前の戦争で壊滅状態にあった。
廃墟の町《尽天》では、シェルターの冷凍睡眠から目覚めた人々が、
暴走した戦闘機械の脅威にさらされながら生きていた。
尽天で目覚めた少女・叶葉はある日、戦闘機械から逃れる最中、棺で眠る奇妙な少年と、
一匹の巨大な《蜂》に出会う。
命令が無いと動くことができないという少年に、叶葉は自分を助けるよう頼む。
それは、少女と少年が“主従関係の契約”を結んだ瞬間だった──。

※公式サイト紹介文より

横線1

※※ 感想自体はだいぶ前に書いたもののため、当時の文体となっています ※※

◆総評◆
第18回電撃小説大賞・大賞受賞作品。
なんだかこう少しシリアスというか、全体的にお堅そうなイメージがあったので
今まで敬遠気味だったのですが、先日手に取る機会があったので、今更ながらに拝読。

思わず笑ってしまったり、にやにやしたり、切なくなったりな九曜と叶葉とのやりとり。
己の意義を賭けた九曜と竜胆とのバトル。それらを彩るサブキャラ勢、と
内容そのものは読む前のイメージに反してかなり楽しめました。
ただ全体的に漂う雰囲気というか空気というかはイメージどおりでしたが。
とはいえたまにはこういうのも悪く無いですね。

▼▼▼感想の詳細を全て表示▼▼▼



横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。