スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー3

   
 【本日の読了】
 ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー3
   著者:三河ごーすと
   挿絵:切符
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A-

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
TCGの要素を取り入れた異能アクションエンターテインメント
「ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー(WWWM)」。
そのプロリーグで華々しくデビューを飾った皿次と陽月だったが、
その後は並み居る強敵たちを相手に苦戦を続けていた。
そんな二人の前に、“四季の家”の一角にしてWWWMの主催者でもある
秋保家の当主・秋保光流が現れる。彼が陽月に持ちかけたのは“ある条件”と引き換えに
彼女を天空高等民街へ昇格させるというもの……
しかしその裏には恐るべき陰謀が隠されていて──?
“天空高等民街リーグ最強ペア”を従えた秋保を相手に、二人の絆が今試される!!

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆総評◆
TCG風異能バトルシリーズ第3弾。

皿次と陽月のすれ違いにやきもきしつつ、
最強ペア相手にどう戦うのかとハラハラしつつ、
なにかといらっとする秋保にどうカウンターをかますのか、など
中々に先が気になる展開、楽しませていただきました。
やっぱりこう格上相手に戦うシチュは燃えますよね!

ただ正直詰め込みすぎかなぁ…という印象もありました。
そのせいか皿次と胡蝶の問題があれ?コレで終わり?となったり、
ラストバトルの強さがインフレしすぎ(というかほとんどチート合戦)だったり。
まあ今巻が最終巻とのことでしたので、
詰めれるネタを詰め切った部分もあるのでしょうね。(というか多分うちk)
この辺は止むを得ないといったところでしょうか。
(せめて皿次と胡蝶の話はちゃんとした形で読みたかったですが)

詰め込みすぎ&俺たちの戦いはこれからだ気味なENDではありますが、
一応綺麗にまとまってますし、これはこれで良しとしましょうか。
でも個人的に結構好きなシリーズだったので、少し残念です。

▼▼▼感想の詳細を全て表示▼▼▼


スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。