スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:エーコと【トオル】と部活の時間。


 【本日の読了】
 タイトル:エーコと【トオル】と部活の時間。
   著者:柳田狐狗狸
   挿絵:MACCO
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A

エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
わたしの名前は【エーコ】です。友達はいません。
でも所属する化学部の部室に居る、お節介な“喋る人体模型”の【トオル】君が、
しつこく『自分は友達だ』と主張してきます……。
半年前に起こした事件のせいでクラスから孤立した【エーコ】は、
ある日入部した化学部の部室で喋る人体模型の【トオル】君と知り合う。
まるでボイスチェンジャーを通したかのような声で喋る人体模型に
【エーコ】はその正体をいぶかしみ【トオル】君がそれをやんわりと躱すという
ヘンテコな部活動が始まる中、校内で女生徒がいきなり自然発火するという事件が起こり
【エーコ】は事件の容疑者として疑いを掛けられてしまうのだが……。
「やれやれ、面倒なことに巻き込まれたものですね」

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆総評◆
第19回電撃小説大賞〈金賞〉受賞作。

一風変わった学園ミステリ、といったところでしょうか。
「一風変わった」というのは、主に文章が…という意味ですけど;
女子高生の主人公エーコの一人称視点、淡々とした"ですます"調、
やたらと使われる【】など、結構クセがあります。
最初こそ面食らったものの、ある程度読み慣れると妙な中毒性がある不思議。
(それだけに逆に受け付けない人もいるかもしれませんね。)

校内で起きた人体発火事件を巡り、エーコが割と自分勝手に調査をしていく流れ。
推理モノというよりは刑事ドラマに近い印象を受けましたが、面白かったです。
こういう先が気になる面白さは良いですね。
まあ個人的には事件の真相より、エーコの過去や、【トオル】の正体の方が
気になって仕方ありませんでしたが;
人体発火など、全体的にケミカルなネタが使われてるのも印象的でした。
理屈は説明されてもさっぱりでしたけどね!

ちなみに【】が使われている箇所に何か意味があるのかとも思いましたが、
結局わかりませんでした…。

   :

!!!注意!!!
以降の感想には、犯人等の重大なネタバレが含まれます。
作品を未読の方はご注意下さい。


▼▼▼感想の詳細を全て表示▼▼▼



スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。