スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:裏ギリ少女


 【本日の読了】
 タイトル:裏ギリ少女
   著者:川崎中
   挿絵:TEL-O
 レーベル:スニーカー文庫
 my評価:B

裏ギリ少女 (角川スニーカー文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今は普通の高校生・小早川真春は、交通事故の現場で瀕死の少女に遭遇する。
「この子はもう、助からない」彼女の手をそっと握りながら、
そう思うしかなかった真春。しかし次の瞬間まさかの出来事が……。
転入生として真春の前に再び現れたその少女・ゆずきが持つ
特殊な体質に気づいた真春は、ゆずきを守ろうと決意する!
彼女に触れると神様のルールもひっくり返る!?ココロ“反転”ラブコメ!

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆総評◆
第17回スニーカー大賞優秀賞受賞作。
「バーグ・ティーン」と呼ばれる特殊能力を持った少年少女の物語です。

制御の効かない自身の能力から他人を遠ざけるヒロインと、
過去の自分と重ねて、ヒロインを救おうとする主人公。
根管は割と基本に忠実としつつも、
その能力の独自性なんかも含めて結構面白い…とは思ったのですが、
なんかこういまひとつ腑に落ちないというか。
他にも日常風景パートの会話なんかがちょっと空々しく感じてしまったり。
一部のキャラがあんまり好きになれなかったり。

なにより最後の2ページの蛇足感が半端無かったり。
(最終的に良い話でまとめてるのに、これはほんと興醒めでした。
さすがに投稿時点であった文章とは思えないので、編集側の意向と思うのですが、
曲がりなりにも投稿作品でこの引きはちょっと。
上記のとおり思う所もそれなりにある作品でしたが、
それでも最後のシーンは微笑ましい気分に浸って読後感も良好…
と思った所に色々とぶち壊しにされた感が、ねぇ?)
これは残念でなりません。

▼▼▼感想の詳細を全て表示▼▼▼


スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。