スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女育成計画episodesΦ【感想】

   
 【作品情報】
 魔法少女育成計画episodesΦ
   著者:遠藤浅蜊
   挿絵:マルイノ
 レーベル:このライトノベルがすごい!文庫

横線1
第一作『魔法少女育成計画』から『ACES』までに登場した、
シリーズを彩る何十人もの魔法少女をぎゅぎゅっと詰め込んだ短編集第2弾!
少女達の知られざる活躍に、平穏かつコミカルな日々、
本編で発生した事件の思いもかけない裏側まで、
見逃せないエピソードをどかんと11編収録しています!

※公式サイトより

横線1

魔法少女育成計画短編集第二弾。てか魔法少女多すぎぃ!
印象に残ってるキャラはもちろん覚えてるんだけど、
紹介見て「ああ、いたね」ってキャラがいるのも事実(ゴメンナサイ

というわけでそんな多種多様な魔法少女達(ただし、それでも一部)の短編。
相変わらず袋井魔梨華の魔法少女時とリアル時のギャップがアレだとか、
魔王様が脳筋すぎるとか、トットポップ出番多すぎとか
やっぱりプキンはロクでもねぇとか、様々な魔法少女達の日常や裏側が面白かった!
そしてクェイクさんが色々と犯罪者すぎる件について;

個人的に好きなのは、カフリアの話と、
ブルーコメットこと二代目ラピスラズリーヌの話かな。
やっぱり使えない能力を組み合わせて何かを成し遂げるっていう話は面白いね。
それにしたって使えなさすぎだろと思う能力だし、
カフリア以外の三名はこの話をやるためにこんな能力にされたのではという気さえするけど;

ラピスの方の話は、相変わらずのマイペースっぷりに苦笑しつつも
それに律儀に付き合うパナースさんって…なんていうか絶対良い人だと思う;


横線2
<魔法少女育成計画ACESの感想を読む>
<魔法少女育成計画JOKERSの感想を読む>
<魔法少女育成計画limited(後)の感想を読む>
<魔法少女育成計画limited(前)の感想を読む>
<魔法少女育成計画episodesの感想を読む>
<魔法少女育成計画restart(後)の感想を読む>
<魔法少女育成計画restart(前)の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

薪割りスローライフをはじめますか?[はい/いいえ]【感想】

   
 【作品情報】
 薪割りスローライフをはじめますか?
 [はい/いいえ]
   著者:新木伸
   挿絵:佐嶋真実
 レーベル:スニーカー文庫
 ▼評価を表示
横線1
「……ここはどこ? ぼくはだれ?」
辺境の村にぽつんと立ってた"ぼく"は、村長さんから薪割りの仕事をもらった。
試しにぱっかんと、薪を割ってみますか?

※公式サイトより

横線1

[はい/いいえ] 選択肢付きライブノベル!

GJ部を始めとした4コマ小説とか、この作者さんは色んな試みをやってくるなぁ。
お話自体は「小説家になろう」の方で連載しているものなんだけど、
一話の最後に必ず「はい/いいえ」の選択肢があり、
それをTwitterの方で投票を募り、その結果によって話の内容を変えていく…というもの。

[はい/いいえ]の選択肢があるとは言っても、
本として見れば一本道で(巻末にNG選択肢の展開もおまけとして一部あるけど)、
その選択肢も、本編とNG選択肢集とを比較すると、
過程が違うだけで最終的な結果は同じ…となるものが多い。

なんだけど、個人的には好きなんだよなぁこの作品。
選択肢による幅があまりない…とは書いたけど、
個人的にこういうその場の展開が変わるだけの選択肢って結構好きなのよね;
この選択肢を「システム」と捉える人には微妙かもだけど、
「遊び心」として捉える人ならきっと楽しめるんじゃないかな。

お話としても、GJ部やグッドイーターと同様に、かなり緩い感じ。
(一応グッドイーターの方とは若干関わりがあるみたいだし)
ただ今回は主人公達が5歳(途中から12歳)ということもあって、
普段の緩さに微笑ましさが加わって、読んでるとなんとも癒やされるのです。
でもマイケルは爆発していい
特にキサラのツンデレっぷりはベタながら大変よいものです。


横線2
<GEφグッドイーター2の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

古書街キネマの案内人【感想】

   
 【作品情報】
 古書街キネマの案内人
 
おもいで映画の謎、解き明かします
   著者:大泉貴
   表紙:loundraw
 レーベル:宝島社
 ▼評価を表示
横線1
東京・神田神保町。
世界最大級の書店街であるこの街の裏路地には、
小さな名画座『神保町オデヲン』がある。
大学生の多比良龍司は、
そこで出会った女性・六浦すばるに惹かれてバイトを始めることにした。
彼女は映画にまつわる悩みを聞いて解決する“案内人”なのだった。
映画の感動と興奮、その“おもいで”が人と人を繋いでいく。
これは小さな名画座で巻き起こる、どこか温かく懐かしい物語。

※公式サイトより

横線1

(本作品は宝島社様より献本を頂きました、ありがとうございます)

とある名画座を舞台に、映画にまつわる謎や悩みを解決する"案内人"。
依頼人の持ってくる断片的な情報と映画の内容を絡めて、
真相を明かしていく展開が面白く、また、温かい気分になった。

案内人・六浦すばるの手際や、平常時と案内人時のギャップもいいのだけれど、
個人的にはそれ以上に、多くは語らずとも行動で語るとも言うべき、
曹長の在り方が胸に響いた。

後は、三人の爺さんが頑なに語ろうとしなかった思い出の映画フィルムに盛大に噴いた;

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

本好きの下剋上2-3【感想】

   
 【作品情報】
 本好きの下剋上

 ~司書になるためには手段を選んでいられません~
 第二部 神殿の巫女見習いIII
   著者:香月美夜
   挿絵:椎名優
 レーベル:TOブックス

横線1
騎士団の前で強大な魔力を見せつけたことで、マインは貴族の間で注目を集めていた。
だが、我関せずとばかりに、本を作る情熱は高まるばかり。
より多くの人々に安価で本を届けられるよう、印刷技術を向上させていく。
その結果、マインの利用価値を狙う者が出現。
危険を察知した神官長は、彼女を神殿に匿うことにする。
家族と離れた、マインの長い冬籠り生活が始まるのだった。
誰もが本を読める世界へ――。その始まりを告げる「金属活字」の完成。
厳しい寒さを乗り越え生まれる、マイン一家の新しい「命」。
春の訪れと共に、今後の未来を予見するビブリア・ファンタジー転換の章!

※公式サイトより

横線1

あ、今巻から当シリーズの記事タイトル、部-巻の形式にしました(超今更感

   :

「金属活字」──鍛冶職人見習い・ヨハンのパトロンという形をもって、
マインの本作りもここまで来たかと感嘆せざるを得ないなぁ。
ないないづくしの状況から始まり、マイン当人も幾度となくぶっ倒れ(&死にかけ)、
それでもこの歴史を変えかねない局面まで漕ぎ着けた、
マイン(麗乃)の本にかける情熱は、良くも悪くも本物だと感じさせられる。
(歴史云々に関してはこれまでの発明品についてもそうだし、
本狂いについてはまあ何を今更って話でもあるけど;)

ただそれでも、前回のラストで麗乃時代の過去を見たこと、
今回の話で家族と過ごせるまでの期限が完全に切られてしまった事もあり、
本よりも家族を優先出来るようになったのは、
これまでのマインには見られない成長だとも思う。
でもグーテンベルク連呼でぶっ倒れるのは相変わらずマインらしすぎるけど;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



次巻で第二部は完結との事なので、続きを楽しみにしたい。

あとはリアルの方で出張終わってるといいなぁ出先でこの本買うと重いんですもの…;


横線2
<2部4巻の感想を読む>
<2部2巻の感想を読む>
<2部1巻の感想を読む>
<1部3巻の感想を読む>
<1部2巻の感想を読む>
<1部1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

アサシンズプライド【感想】

   
 【作品情報】
 アサシンズプライド
殺教師と無能才女
   著者:天城ケイ
   挿絵:ニノモトニノ
 レーベル:ファンタジア文庫
 ▼評価を表示
横線1
貴族のみが化物と戦う力・マナを持つ世界。
クーファは、公爵家に生まれながら無才の少女メリダの才能を見出すため、
家庭教師として派遣される。
彼女に才能がなければ、暗殺──という裏の任務を負って……。

※公式サイトより

横線1

第28回ファンタジア大賞「大賞」受賞作!
…ええ、随分と読むのが遅れてしまった感は拭えないですが。
なんもかんもいつまでも終わらない出張が悪いんや(小声

   :

マナという能力を持つ貴族である、公爵家の家系に生まれながら、
一切の能力を持たない(能力が開花しない)ことで、「無能才女」という
不名誉極まりない蔑称で呼ばれる少女・メリダ。
そんな彼女の家庭教師役と、場合によってはメリダの暗殺という
二つの任務を請け負った騎兵団の青年・クーファ。
あまり任務に積極的とは言えなかったクーファが段々と、
寧ろ最終的には親バカ(教師バカ?)なレベルでメリダに肩入れしていく様子や、
メリダがクーファの指導と自身の努力の元、実力を開花させていく展開が面白かった!
てか家庭教師として赴任早々、
何もしてないのにメイド達から鬼畜呼ばわりされてて噴いた;
でもまあ13歳の少女に後々あんなことやこんなことをするのだから
あながち間違ってはいないそして爆ぜろ


▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

細かい部分で若干気になる部分はあったものの、面白い作品だった!
無能と呼ばれた少女の成長が、これからも気になる作品。
…って、そういえばもう2巻出てるのか


サムライの位階って、特性的に"サムライ"って言うより"ニンジャ"の方がしっくりくる

横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

戦うパン屋と機械じかけの看板娘4【感想】

   
 【作品情報】
 戦うパン屋と機械じかけの看板娘4
   著者:SOW
   挿絵:ザザ
 レーベル:HJ文庫

横線1
感謝祭用のお菓子作りを依頼されたルートだが店の仕事も増え、
疲労もピークに達していた。
そんな中、親衛隊のヒルデガルドと「人狼」と呼ばれる工作員が
ルートの命を狙いオーガンベルツに現れる。
スヴェンがあっさりヒルダの変装を見破り、2人を捕えることが出来たが、
「人狼」にルートがかけた言葉は「あんた、パンは焼けるかい?」だった。

※公式サイトより

横線1

前回ルート達にこてんぱんにノされたにも関わらず、
今度は「人狼」なんて呼ばれる凄腕の工作員・ハイドリゲを連れて
性懲りもなくルート達を殺しにくるヒルデガルド。
…なんだけど、どうにも心配にはならないというか;
確かにハイドリゲはルートとタメ張るレベルの強さだとは思うんだけど、
そこにスヴェンもいる時点でどうにかされる気がしないんだよなぁ…;
加えて、ハイドリゲ自身はそこまで積極的な敵意がある訳でもないし、
ヒルデガルドはぶっちゃけ口だけな所があるし、ねぇ?;
そしてルートがハイドリゲにかけた言葉が、
「あんた、パンは焼けるかい?」なんだから苦笑もしようというもの。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線2
<5巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

この仮面の悪魔に相談を!【感想】

    【作品情報】
 
この素晴らしい世界に祝福を! スピンオフ
 この仮面の悪魔に相談を!
   著者:暁なつめ
   挿絵:三嶋くろね
 レーベル:スニーカー文庫

横線1
アクセルの街の裏路地にたたずむ『ウィズ魔道具店』は
ダメ店主・ウィズのせいで、常に経営難である。
バイトのバニルは『先を見通す』能力で悩める人たちの相談屋となり、
その報酬で稼ごうとするのだが――。

※公式サイトより

横線1

今度のスピンオフの主人公は…まさかのあの仮面の男!
(厳密には性別無いらしいけど;)
まあこの際誰が主人公であってもノリはやっぱりこのすば、
くつくつと笑いがこみ上げてくるようなネタの数々が実に面白い。
てかゆんゆんには本当に誰かもっとまともな人で友達になってあげて下さいお願いしまs
あとルナさんとどなたか結婚してあげて下さいお願いしまs
…しかしどっちもこの作品で上位に入る常識人だというのにこの仕打ち;
まあゆんゆんはちと怪しいが
そしてこの悪魔は人間世界に順応しすぎですね…;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線2
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
<この素晴らしい世界に爆焔を!3の感想を読む>
<この素晴らしい世界に爆焔を!2の感想を読む>
<この素晴らしい世界に爆焔を!1の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

ロクでなし魔術講師と追想日誌【感想】

    【作品情報】
 ロクでなし魔術講師と追想日誌
   著者:羊太郎
   挿絵:三嶋くろね
 レーベル:ファンタジア文庫

横線1
毒蛇を扱った魔術戦術論、錬金術実験による赤魔晶石の錬成、
戦闘訓練用ゴーレムの魔術戦教練などなど……グレンが行う講義は波乱ばかりで!?
幼きグレンとセリカ、衝撃の邂逅を描いた書き下ろしエピソードも収録!

※公式サイトより

横線1

ということで、今回は授業回とかグレンとセリカの出会いとかの短編集!
印象に残る…という意味では、やはりグレンとセリカの出会い話なのだけど、
個人的にはやはりバカバカしくもグレンらしさが出てる授業回が好きかな。

錬金術の授業で敢えてセオリーを無視し、古典的手法を取った事により、
グレンがものすごーーーーく大変な目に合うのに笑ってしまう;
そこまでして古典的手法での授業を選んだのは、
グレン自身の個人的な思い入れもがあったというのもあるからだけど
こういう授業としての本質を忘れずに、
楽しさも合わせた上で授業を提供できるっていうのは理想的だよなぁ。
笑わせる部分は笑わせてきて、最終的に読んでてほっこりする気分になるお話だった。

他にも怪談話とかシスティーナのアレな創作小説とか、
システィーナの両親とかきれいなグレン(?)とか、
他のお話もそれぞれで違った面白みがあって、楽しかった!

横線2
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。