スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦うパン屋と機械じかけの看板娘3【感想】

   
 【作品情報】
 戦うパン屋と機械じかけの看板娘3
   著者:SOW
   挿絵:ザザ
 レーベル:HJ文庫

横線1
パン屋「トッカーブロート」の新たな営業戦略として
隣町に出張販売に訪れた看板娘スヴェンとジェコブ。
そこでジェコブが遭遇した小さな出来事が
「トッカーブロート」を揺るがす大事件に発展しようとは。
ライバル店の登場やワイルティア親衛隊の暗躍など、盛りだくさんの第3巻。

※公式サイトより

横線1

トッカーブロートの出張販売として、隣町に訪れたスヴェンとジェコブ。
そこでジェコブに絡んできた、悪徳商人シャイロックが実は──というお話。
ジェコブにしてみれば、偶然絡まれたカタギに見えない商人が、
後から自分の祖父を名乗ってしかもトッカーブロートまで
追っかけてくるんだからそりゃ逃げも混乱もするよなぁ。
でも11歳の少年が「美人のおねーちゃんを専属メイド」発言に
釣られかける姿は見たくなかった;
いくら大人びてるからってそんなところまで歳不相応でなくても;

ジェコブを賭けて始まった、パン屋としての対決。
圧倒的な資金力諸々を持つシャイロック相手に、
如何にして対抗するかというところではあったのだけど、いやはや。
▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線2
<4巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

百錬の覇王と聖約の戦乙女9【感想】

   
 【作品情報】
 百錬の覇王と聖約の戦乙女9
   著者:鷹山誠一
   挿絵:ゆきさん
 レーベル:HJ文庫

横線1
ついにユグドラシルに帰還。
空城計により《雷》ステインソールを退けた勇斗は、
すぐさま次なる標的、《豹》の撃退に取り掛かる。
「こんなところでちんたらしていられないから」と。
日本から持ち込んだ新たな戦略を引っ提げて、
勇斗が反撃の狼煙を揚げる、疾風怒涛の第9巻!!

※公式サイトより

横線1

現代からユグドラシルへ再度凱旋した勇斗の快進撃。
勇斗自身が色々と腹を括ったというのもそうだろうけど、
何より最愛の幼馴染が側にいる、というのが大きいんだろうなぁ。
胃袋もがっしり掴まれてしまってるようだしね?
まさか朝チュン展開まであるとは思わなかったけども;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線2
<10巻の感想を読む>
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

エイルン・ラストコード3【感想】

   
 【作品情報】
 エイルン・ラストコード
~架空世界より戦場へ~ 3
   著者:東龍乃助
   挿絵:みことあけみ/汐山このむ/貞松龍壱
 レーベル:MF文庫J

横線1
エイルン=バザットはロボットアニメ世界から召喚されたアニメキャラクターである。
氷室義塾機兵部の対マリス戦での活躍は大きな注目を浴び、
アメリカからデータ採取のため無人島遠征の依頼を受ける。
だが優秀なヘキサを狙う武装組織、さらにマリスまでもが来襲。
無事これを退けるものもエイルンが全治3ヶ月の重傷を負ってしまう。
セレンの精神は依然不安定なまま。クイーンが来襲すれば氷室義塾が崩壊する。
雷鳥は国際連合所属のマリス鎮圧部隊【ロイヤルガード】の
ネイバーチームの派遣を決定。
しかしエイルン不在の状況に焦りを覚えた紫貴の暴走が始まってしまい――!?

※公式サイトより

横線1

マリスという人類の脅威に加え、今度はそこに人間の思惑が加わってくる。
まあそりゃ氷室義塾内でみたってそれなりな軋轢がある以上、
より上位のレベルでイザコザが起きないわけがないんだよなぁ。
この手のお話ではお約束の事案ではあるけど、やっぱり何かと胸糞は悪いよねぇ。
ダウンしたエイルン、それをきっかけに始まる紫貴の暴走、
どことなくキナ臭さの漂うロイヤルガードと、何かにつけて問題だらけで頭が痛い。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

いやいいね、今回も実に熱い!

とはいえキナ臭い背景は相変わらず、
取り分け不安を煽るのは一部のテンナンバーの人達かな。
これらが一体どういう立ち位置になっているのか話にどう絡んでくるのか、
エイルン達の活躍と合わせて非常に楽しみなところ。


横線2
<4巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした【感想】

   
 【作品情報】
命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした
   著者:中田かなた
   挿絵:ともぞ
 レーベル:HJ文庫
 ▼評価を表示
横線1
新井和馬は気が付くと見知らぬ空間にいた。
突如現れた「ナナシ」により、
クラスメイトや教師たちと生き残りを懸けたゲームをさせられることを知った和馬は、
超高校級の女優・鉄山徹子をパートナーに、
その頭脳を武器に嬉々としてゲームに臨むのであった。

※公式サイトより

横線1

第9回HJ文庫大賞「大賞」受賞作!
そしてタイトルが物騒!(でもだいたいあってる

突如としてデスゲームに巻き込まれた主人公達。
ゲームのルール自体はシンプルな物が多いんだけど、
それだけに主人公が如何にして他者を出し抜き、
ゲームを勝ち進んでいくのかが見ていて面白かった!
しかしあれやね、主人公の新井も大概クズだけど、
ヒロインの鉄山の嗜好というか趣味というかについては正直新井以上におっかないわ;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

まさかのTo be continuedで終わってしまった本作。
次巻以降、主人公がどういう行動に出るのかとても気になる次第です。

横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

ロクでなし魔術講師と禁忌教典5【感想】

   
 【作品情報】
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典5
   著者:羊太郎
   挿絵:三嶋くろね
 レーベル:ファンタジア文庫

横線1
学修旅行が終わり、
グレンとシスティーナの平和的な痴話ゲンカが学院に響き渡る中、
システィーナの許嫁・レオスが学院に赴任する。
強引に求婚するレオスにグレンは異議を唱えるのだが……。
どうなる白猫!?

※公式サイトより

横線1

魔術学院にやってきた代理講師が実はシスティーナの婚約者で…という今回のお話。
なんかこう見るからにイケメンリア充優等生然とした感じが、
これでもかってくらいに悪役の香りを感じるなぁ;

しかし逆玉逆玉言ってシスティーナとレオスの仲を妨害するグレンは
ほんとものすごくアホっぽいよなぁ…;
まあグレンが本当にそれだけの理由で妨害してるわけがない、というのは分かるのだけど
これだけアホな事言ってて違和感無いのも相当だと思う;
そして白猫ちゃんはもう少しグレンの事を信用してあげて
ま、まあそれはそれとして、レオスとの魔導兵団戦で、
普通は考えない戦術戦略を駆使してレオスのクラスを出し抜く展開は実に痛快だった!
この辺はいつぞやの魔術競技祭に通じるものがあるよね。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

これでシスティーナもようやくヒロインと呼べるようになったかな?
1巻の表紙を飾ってメインヒロイン感ばりばりだったのに日の目を見たのは5巻という

横線2
<6巻の感想を読む>
<追想日誌の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

対魔導学園35試験小隊 Another Mission【感想】

   
 【作品情報】
 対魔導学園35試験小隊 Another Mission
   著者:柳実冬貴
   挿絵:切符
 レーベル:ファンタジア文庫

横線1
今日も学年ランキング最下位の雑魚小隊。
業を煮やした桜花が合宿(温泉つき)を提案したり、
水着姿で海での小隊活動に勤しんだり……と、
進級ポイントのために奮闘するが!?
中学時代を描いた書き下ろしも収録!

※公式サイトより

横線1

本編が超過酷な状況のここにきてまさかの短編集。
マリのお話や、中学時代のタケル(と斑鳩)の話など、
ちょいちょいしんみりした話もいいけれど、
個人的には「あなざー☆みっしょん」と言わんばかりのおバカなお話の方が好きかな。
まあ本編が過酷だからこそ、ここいらで箸休め的な感じでいい塩梅になるのかもね。
とても厄介ないい感じに酔っ払った小隊メンバーとか、
実は泳げない桜花とか海に沈むタケルとか、ヲタ気質を発揮しまくる斑鳩とか、
あざとさ全開のスク水(特殊仕様)のラピスだとかそれにやられてるタケルとか、
くだらなさが実に楽しい短編集だった!

とりあえず表紙の衣装交換、なかなかに新鮮でGJという感じだけれど、
うさぎの方がどことなく窮屈な感じがするのは気のせいですかね…;
無論何が、とは明言しませんけどね?
そして口絵の方は、デフォルメヒロインズに紛れてなんでこいつがいるんですかねぇ…;
まさかこいつも実はヒロインだったと(絶対違う)


横線2
<12巻の感想を読む>
<11巻の感想を読む>
<10巻の感想を読む>
<9巻の感想を読む>
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

竜は神代の導標となるか3【感想】

   
 【作品情報】
 竜は神代の導標となるか3
   著者:エドワード・スミス
   挿絵:クレタ
 レーベル:電撃文庫

横線1
ヴェーチェル領を掌握し、カイは領主にまで上り詰める。
郡主の子が領主になった例は皆無。王国始まって以来の快挙である。
だが、安息の時はない。東部一の勢力を誇る領督スコット・クロンダイクが、
カイたちヴェーチェル同盟に宣戦布告をするのだった。
王国に鳴り響く猛将バネッサ率いる精鋭クロンダイク軍と同盟は激突する。
竜に乗る騎士たちが戦場を疾駆し、矛を交える。華々しい英雄譚が幕を開ける!
百戦錬磨のバネッサはやはり只者ではなかった。
硬軟を使い分ける戦略に、同盟軍は劣勢を強いられるが!?

※公式サイトより

横線1

いいねいいね面白い!
今回相対するは、クロンダイク家の猛者達。
その強さは然るべき確かな経験と実力に裏打ちされたもので、
バネッサもまた武人然とした豪快さを持つので、
敵ながらその見事さに惚れ惚れしてしまうなぁ。
これがヒロインの一人と言われるとさすがに反応に困るけど

カイ達もその経験の少なさ故にいいように翻弄されてしまうのが歯がゆいけど、
相手に捕まってなお、不敵な態度を崩さないその姿には思わずニヤリとしてしまう。
そしてそこから行動を起こす、ヒューゴ達がまた格好いいんだこれが!
伊達に(元)領主として歳は食っていないというか、
まだまだカイには出せない格好良さがあるよね。
いや今回は本当におっさんやおばさんといった、
歳を食った人間の渋さが光るお話だった!
もちろん主人公としての見せ場もあるのだけどね;
そしてエレナの見せ場はらぶらぶちゅっちゅタイムですかね(

カイ達とは別の所で動く鋼鉄王・ウィリアム。
こちらの方もなかなか窮地に立たされているようで…
ウィリアムな非常に魅力あるおっさんキャラなので、
今後どのような立ち位置になっていくのか非常に気になる所。
でも入浴シーンは勘弁な


横線2
<4巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。