スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンド・リ・エンド2【感想】

   
 【作品情報】
 エンド・リ・エンド2
今回のイベントは、すべてキミのせい。
   著者:耳目口司
   挿絵:ヤス
 レーベル:スニーカー文庫
 my評価:A

横線1
「いつ告白しても良いんデスよ。ゲームオーバーになりマスけどね☆」
これ以上誰も切り捨てないためにゲーム攻略(ヒロインさがし)に乗り出した侑は、
後輩の八代巴を『裏切り者』と疑う。
しかし高感度MAXになった美篶の暴走により、
思うように他のヒロイン候補との交流ができずにいた。
そんな中ルーニーから下された新ミッションは
「キャラクターに本気で殴られろ」で、完全に修羅場の予感……!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
攻略不可能な悪魔の遊戯、2ndステージ開幕!

傍から見ればよくあるテンプレラブコメ。でもこれ、悪魔のゲームなのよね。
前巻でヒロインの中から一人のNPCを見つけ、
攻略に一歩近づいた…と言えば聞こえは良いけれど、
侑にとってはこれも一つの現実には違いなく、
精神をすり減らしていくのが見ていてキツい。
そしてそれをいちいち煽るルーニーが鬱陶しすぎる;

それでも自分なりのゲーム攻略プランを立て、
新キャラの八代を含めたヒロイン達に接触を図っていくのだけど…
とある拍子に好感度が最大となった義妹・美篶が、
何かにつけて他ヒロインとの接触を妨害するというか、
侑から離れようとしないのがままならない。
普段なら羨ましいなこんにゃろう爆発しろとか揶揄してる所ではあるけど、
さすがにこの作品ばかりはそんな気にはならないな;

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

いや、今回も実に"悪魔の"ゲームらしい展開だった…だった……うん。
(さすがにちょっとダウナー気味。面白いんだけども!)
気を取り直して、ゲーム攻略と打倒ルーニーを決意する侑…ではあるけれど、
果たしてそう上手くいくのかどうか;
なんかヒロイン特定したのにバッドエンドとか
普通にありそうでおっかないのよねこの作品…;


横線2
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

鎧の姫君たち【感想】

   
 【作品情報】
 鎧の姫君たち
あるいは魔法石機関工学科の魔王による社会契約論
   著者:葉村哲
   挿絵:羽鳥ぴよこ
 レーベル:MF文庫J
 私的評価:C

横線1
『はじめましてこんにちわっ! 我と一緒に異世界でハーレムを作ろうよっ!』
「オッケー。でも、おれ、彼女いたことないけど大丈夫かな?」
ものすごーい軽い気持ちで始原の竜・ティアマト(性別不明)と
約束を交わした人間竜彦は、ヒトと魔族が共存し歴史を紡ぐ『帝国』を訪れる。
というか落っことされた。
そこで初めに出会った少女が、彼の運命の相手であり、ハーレムの一員らしいが……?
竜を信仰するヒトの帝国・ドラグニール。
その最高学府である学園で、ヒト同士の目に見えぬ争いを看破した竜彦は、
現世で「魔王」と呼ばれた人心掌握と心理戦を用い、
ネフェルティアと共に社会を構築してゆく。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
愛情の怪物・社会創造の物語!

とか言うとなんか凄そうな感じだけど…
うーん、正直言って僕には合わなかったごめんなさい。

ということでこの作品が好きな方は以降の感想は自己責任で閲覧下さい。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

王手桂香取り!3【感想】

   
 【作品情報】
 王手桂香取り!3
   著者:青葉優一
   挿絵:ヤス
 レーベル:電撃文庫

横線1
いざ、ペアマッチ将棋大会へ!
想いを寄せる桂香先輩と優勝を目指し練習将棋を重ねる歩。
そして迎えた大会当日。思わぬライバルの出現に歩は震撼することになるが――。
そのライバルとの激闘を経て、歩はプロへの道を意識するようになる。
プロになるには師匠が必要。ということで、桂香から自分の父、大橋名人を提案される。
歩にとっては憧れの名人、願ったり叶ったりで話は進み、
名人と試験対局をすることに!?
大一番に向け、駒娘たちの力を借りて歩はさらなる頑張りをみせる!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
桂香とのペア将棋大会の参戦…ということで、二人での練習にも熱が入る二人。
あゆむのこれまでの成長も目を見張るものがあったけど、
既に桂香さえも大きく引き離すまでの棋力になっていることに驚きを隠せない。
女王達の協力があってこそでもあるけれど、あゆむ自身も相当に努力してるだろうしね。
しかし棋力という点で成長したとはいっても、
いざ桂香が自宅に来るとなった時のあゆむの動転っぷりは
やはり歳相応の少年だよなぁと微笑ましくなる。
身内に色々とネタにされるのも含めて。

かくして本番を迎えたペア将棋大会、二人が参加するのは当然の如く最上位のAクラス。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

相変わらず将棋描写は分からずとも、そんなことを気にもさせない面白さだった!
だっていうのにこれで「第一部完」とか…。
第二部も期待したい所…ではあるけど、難しそうな雰囲気だよなぁぁぁ残念すぎる…。
駒娘達もだいぶこなれてきた感じで、
女王なんかもうだいぶヒロインオーラ発揮してたというのに、つくづく惜しい。
青葉先生の次回作にご期待ください、というところかな;


横線2
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 ~Sunrise & Sunset Story~【感想】

   
 【作品情報】
 明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。
  
~Sunrise & Sunset Story~
   著者:藤まる
   挿絵:H2SO4
 レーベル:電撃文庫

横線1
死んでしまったはずの美少女・夢前光の人格が、
なぜか1日おきにコワモテ男子・坂本秋月を乗っ取るという奇妙な二心同体生活。
ハリケーン級の事件を巻き起こす光に振り回されつつも、
徐々に惹かれていく秋月だったが、出会いから1年後、
彼女はこんな言葉を残して、この世から永遠にいなくなってしまった……。
「笑って。泣かないで、坂本くん。それが、わたしの最後の願いだから」
しかし! ただでは死なないハチャメチャ少女の光は、
あたたかくも切ないサプライズをみんなに用意していて――

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
最強残念美少女再び!

短編集という形で再び(読者と)相まみえることになった光ちゃんが
相変わらずウザくて残念で可愛くて最高に面白すぎる!
雪瑚もお兄ちゃん大好きなくせに妙な所で発酵臭漂わせてるし、
霞と美紗貴の乳脚コンビも暴走速度が増してるし、
千秋も元気そうでなによりだし、風城もぴりん木下君男性陣と、
一年ぶりの懐かしい顔ぶれについつい顔が綻んでしまうなぁ。

雪瑚が謎のプレゼントの真相を探るために
東奔西走したりToLoveったりする雪瑚視点のお話、
秋月と雪瑚の従妹の幼女ちゃんのお話(てか光は小学生の群れ相手に何やったの;)、
千秋と隼人のお話など、笑えたりニヤニヤしたりホロリとしたりと
それぞれ非常に面白いのだけど、やはり個人的に特に好きなのは
「バレンタインデー、キミはキューピッドになる。」と
「クリスマス、雪瑚はサンタになる。キミは生き返る。」の二つかな。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

藤まる氏の新作がなかなかでないなーと思っていた矢先、
正直ここにきて明日ボクの新刊が来るとは思わなかったけど、
久しぶりに光の残念っぷりが堪能出来て非常に満足!
肝心の新作の方は…あとがき見る限りまだしばらくかかりそうかな、
という感じではあるので気長に待つとしますかね;


横線2
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

着ぐるみ最強魔術士の隠遁生活【感想】

   
 【作品情報】
 着ぐるみ最強魔術士の隠遁生活
   著者:はまだ語録
   挿絵:しゅがすく
 レーベル:このライトノベルがすごい!文庫
 私的評価:A

横線1
魔術士の名家に生まれながら、魔力を持たない黒髪として蔑視されてきた夢野幸太郎。
両親の死をきっかけに、彼は血の繋がらない義妹二人をつれて、
田舎で静かに暮らすことを決める。
しかしなぜか幸太郎は熊の着ぐるみ姿になっていた!
戸惑う姉妹との奇妙な共同生活が始まる! 
強力な魔術士でもある双子姉妹と落ちこぼれの兄の暮らしはうまくいくのか?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
第5回このライトノベルがすごい!大賞「最優秀賞」受賞作!
(本作品は宝島社様より献本を頂きました、ありがとうございます。)

魔術の名門・夢野家の落ちこぼれである夢野幸太郎。
両親が亡くなった事で幸太郎の元に預けられた双子の義妹、マリアとアリス。
当代きっての落ちこぼれという事で、幸太郎に嫌悪と侮蔑の感情を抱いていた二人が、
幸太郎に餌付けされるの人柄に触れる内に、
次第に打ち解けていく様子が実にほほえまーな感じで心和むなぁ。
主人公が気の抜ける着ぐるみ状態なせいもあるのかもしれないけど

身を隠す為に通うことになった学校も、
(魔術士が通うには)それまで通っていた所とは
比べるべくもない低レベルな所ではあるのだけど、
成績や対抗意識に囚われずに接してくるクラスメイト達との交流も、同様に心暖まる。
マリアとアリスの関係も、方や感情的思考なマリアと、方や論理的思考なアリスとの、
うまい具合にボケとツッコミタイプの異なる二人の、
当人同士や周りとの掛け合いも楽しい。
とりあえず「大後くん(仮)」が妙にツボに入ってしまった;
(あんまり関係ないけど「丹八」も。渋すぎるわ;)

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

うん、面白かった! 何より双子姉妹が可愛い。
ただ欲を言うのであれば、もうちょっと世界観に対して
踏み込んだ説明があると良かったかも、と思う部分もあったかな。
(たいして本筋には絡んでこないとはいえ、
"魔獣"とか結構さらっと流されてるしね…;)
まあ重箱の隅的なお話だけど;

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

クロックワーク・プラネット3【感想】

   
 【作品情報】
 クロックワーク・プラネット3
   著者:榎宮祐/暇奈椿
   挿絵:茨乃
 レーベル:講談社ラノベ文庫

横線1
──全部、全て、何もかも、壊れた。
死んだ地球(ほし)のすべてが、時計仕掛けで再現・再構築された世界──
“巨大兵器”が放った電磁場が、あらゆる時計仕掛けを否定する。
自動人形(リューズ)も、全身義体(ハルター)も、
区画・秋葉原さえも帯磁し静止する中、
ただ人だけは一〇〇〇年前から変わらず、変われず、蠢き続ける。
保身、欺瞞、虚偽、理想 空転する閣議と、国家非常事態宣言。
“人々の総意”による破滅を前に、ナオトは嘲笑う。
「行こうぜマリー、邪魔する奴は全部ブッ潰せばいい──!」
現実は空想を超える! 今一度、あの奇跡を証明しろ──!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
銀河級最強ヒロイン・ナオコちゃん爆☆誕!
普通に似合いすぎるから笑うしかない;
ベルなんとかさんに至っては義体をラブドール的なソレに挿げ替えられてるし、
今巻はほんとどうなってるんだぜ…;
とりあえず後者の挿絵が無かったのが残念なようなホッとしたような

   :

──で、それはそれとしてまず始めに謝らなければならないことが。

前巻の内容ほとんど覚えてません☆(テヘペr

一応読んでる途中で少しくらいは思い出してきたんだけど、
そもそも前巻が「次巻に続く」で終わってた事すら忘れてた始末。ナンテコッタ;
前巻引っ張りだして奥付見てみたらほぼ一年前ということで、
これは覚えてないのも已む無しですねと自己弁…ごめんなさい僕の記憶力が残念な(ry
(さすがに主要キャラの設定とかは覚えてたけど;

まあそんな細かいどころかかなり深刻なレベルで話を覚えてない現実ではあったけど、
絶体絶命の状況を、超高難度のミッションをこなして打開していく様はやはり熱い!
マリーやナオトは勿論のこと、ベルモットがここまで魅せてくれるとは思わなかった。
結局ベルモットがどういう立場でどういう経緯で出てきたキャラだったかが
最後まで読んでも思い出せなかったけd


▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

面白いは面白かったのだけど、やはり前巻から時間がだいぶ空いてたのが痛いかな;
(言い換えれば前巻の内容を覚えてなくても相応に楽しめるだけの面白さがあった、
という事でもあるけれど)


横線2
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このライトノベルがすごい!2015【感想】

   
 【本日の感想】
 このライトノベルがすごい!2015
   出版:宝島社
横線1

今年もこのラノ発売の時期がやってまいりました。

先日のブログ総括記事やツイッターの方でも公開していますが、
今年は協力者枠で参加させて頂きました。
(今年は宝島社様より献本を頂きました、本当に有難うございます。)

   :

さて、今回の結果をさらっと見てみますと、
1位については去年に引き続き「はまち」がランクインしました。
(世間的な公式略称はほぼ「俺ガイル」になっているようですが;)、
相変わらずの人気っぷりですが、ポイントの内訳を見てみると、
モニター票がやや控えめになってるんですよね。
(それでも去年よりはだいぶ増えてますけど)
結構苦々しい描写もありますから、
モニターの年代層だと受け付けない人もいるのかもしれませんね。
かくいう僕自身もその辺がちょっと苦手な部分もあり、
途中から読んでないですが…;


SAO、禁書はいつものレギュラー陣という感じ。
SAOもさすがに協力者票が落ち着いてきた感じですが、ほんと強いですねこの二作品。

ノゲノラは大奮闘の第三位。
本誌中の対談でも語られてましたが、6巻は屈指の出来でしたからね。
本編より過去編の方が出来がいいというのもある種微妙ですが;
アニメ化の影響も大きいと思います。

後宮楽園球場、ソラリス、この恋、きんカルは今回健闘した新作群。
周囲の評価から、この4作品は上位30位以内には入る、かな?
と漠然と思っていましたが、ここまで上位に食い込んでくるとは思いませんでしたね。
…ちなみに僕はどれも未読だったりしますゴメンナサイ;
(ソラリスは読もうと思ってたんですけど結局ずるずると今まで読めずじまい…;)

アルデラミンは前回から少々順位を落として第十位。
協力者票がだいぶ落ち着きつつも、他の票はあまり伸びなかったのが原因でしょうか。
個人的には一押しの作品ですが、
やはり一般的な知名度や受けはまだまだな部分もあるんでしょうかね。
(刊行ペースは、もっと早く出来るならそれに越したことはないですが、
特に遅いとは僕は思ってません。半年一冊ペースなら十分かと。)

以降は見知った既存タイトルと、新規タイトルがまぜこぜに…という感じですが、
よく見たら30位以内の新規タイトル全部未読ですわナンテコッタ

   :

ちなみに僕が今回投票させてもらった作品は、
31位~60位に3作品程ランクインしてますね。
吸血鬼はもうちょっと善戦するかとも思いましたが…
まあ今回は野村美月作品はちょっと票割れ気味なんでしょうね。
(ヒカルもこの並びにランクインしてますし、
圏外ですが陸千星やドレスも無得票という事はないでしょうしね)

桂香取りは…もうちょっとで30位以内に入れたのに!
この辺はもうどんぐりの背比べレベルのポイント差なのでほんと惜しい限り。
OSOも58位で圏外一歩手前でしたしねぇ;
この二作品はもっと評価されてもいいと思いますがまあ僕の願望ですね、ハイ;
余談ですが投票を悩んだフレイム王国も39位にランクインしてました。ちょっと嬉しい。

…ああ、僕が投票したもう一作品は完全無欠に圏外でした。
うん、投票しといて何ですが、ほぼ間違いなく圏外だろうなとは思ってました。

   :

今回の投票に当たり、投票作品・キャラ・絵描きさん全てにコメントを付けましたが、
採用されたのは作品・キャラ・絵描きさんでそれぞれ1個ずつ、合計3個でした。
投票した時は無い頭捻ってコメント考えたんですが、
改めて見直すと、かなり当り障りのないコメントですね。
ほんとこんな捻りのないコメントですみません…;
ちなみにOSOのコメントの年齢は誤植ですね; イクタ君とメル師匠の方が正解です。

   :

今回は冊子のデザインや構成がリニューアルされたということで、
今までとは違う部分が見受けられました。
一番違いが顕著に感じたのは、やはり投稿コメントでしょうか。
30位圏内の作品が、今までとは裏腹にかなり控えめになり、
その代わり本誌後半の作品ガイドの欄外に、
30位圏外作品のコメントが載るようになったようです。
個人的にはこれは高評価ですね。
今までの仕様で30位圏外の作品のコメントが一切紹介されないのは、
やはりもうちょっとどうにかならないものか、と思っていましたので。
たとえ一般的に人気が低かったり知名度がなかったりしても、
作品に対する思いが感じられるコメントは見ていて気分が良いですし、
「どうせ圏外だろうしコメント考えても載らないから」と
やさぐれる事も減るでしょうしね;

どうせならキャラの方も同じ仕様で良かった気もしますけどね;
投票結果に文句つける気は更々無いですが、
今回の女性キャラ部門のランキング見ると切にそう思ったりはします;
作品部門の1~4位で塗り固められるとかここまで偏るとは;
まあでもコメントについての仕様はこれでも良いかな、とは思います。

あとは、あくまで僕個人の願望の類ですが…(去年から思ってる事でもあります)

作品ランキングの公開範囲をもうちょっと拡大して欲しいのが一点。
レーベルの拡大等に伴って、どんどん投票可能作品も増えているであろう昨今、
60位までしか公開されないのは些か範囲が狭いかな、とも思います。
もちろん上位作品を大きく取り上げるのはそれはそれで何も問題ないですが、
コメントのランキングの壁は取り払われたわけですし、
ランキングそのものももうちょっと幅広く見たいかな、と思った次第です。

もう一点は…作品ランキングの新作と既刊作品の扱いでしょうか。
一応総合ランキングから新作だけを抜き出したランキング一覧もあるんですけど、
あくまでも総合ランキングからの抜き出しですし、
純粋に新作のみで投票を行ったランキングも見たいかな、と。
一人頭で投票できる枠が新作既存作の区分けが無い上での5枠しかない以上、
絶対どこかで偏りが出てしまってるでしょうし。
後は、その年の8月9月とかの投票期間ギリギリに出た新作と、
はまちSAO禁書みたいな超有名タイトルとが同じ土俵でランク争い…というのも、
うん、さすがにちょっと、と思わなくもないですしねぇ;
まあ確かに今回の後宮楽園球場やソラリスみたいに、
いくつかは上位に来るものもあるんですけど、
それでもこれらが1位2位を取ることというのはほぼ無いですし。

ってすみませんあまり取り留めもなく書き殴ってしまいましたが、
結論を言うと投票の時点で新作と既存作とで、
枠を完全に切り分けて投票するようにならないかなー、なんてふうに思っただけです。
勿論先のランキング範囲拡大と違って、
集計方法の問題もある以上そんな簡単に出来る事ではないと思いますし、
新作も既存作もあくまでも商業作品には違いないのだから同じ土俵とすべき、
という意見の方もいると思います。
そもそも既存作しか読まないよ!という人もいると思います。
ですので、まああくまでもこんな考えの人もいますよ、位に思っていただければ;
(別に本気で嘆願しようとか思ってる訳でもないですし;)

   :

ということで繰り返しになりますが、今回は協力者として参加させて頂きました。
正直協力者を名乗れるような目端の利いた投票が出来ていたかはわかりませんが、
少しでも本誌の制作に貢献出来ていたのであれば、これ幸いにと思います。

次も協力者枠参加になるのか、それとも一般になるのかはわかりませんが、
可能な限り来年もまた投票に参加したいと思います。


※なお、今回投票した作品については↓の記事を参照下さい。

横線2
<このラノ2015Webアンケート開催中>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

こちら、郵政省特別配達課1【感想】

   
 【作品情報】
 こちら、郵政省特別配達課1
   著者:小川一水
   表紙:平沢下戸
 レーベル:新潮文庫nex
 私的評価:A+

横線1
東京でエリート公務員の仲間入りと意気込む八橋鳳一が配属されたのは、
特殊郵便だけを配達する部署だった。
班長・桜田美鳥の下、どんな物でもあらゆる手段で届けるのが仕事。
ある時はトレーラーで一軒家を運び、
高層マンションへ速達を配達するのは特殊はしご車で、
終電後には深紅の新幹線を走らせる。
そして、ダービー馬を出走時間に間に合わせるには!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
――特殊任務遂行、お仕事小説。

地方局で配達員をしていた主人公・八橋鳳一が新たに配属されたのは、
郵政省本省のとある部署。
これでエリートの仲間入り!と意気込んでいたのに、
配属先の特別配達課(通称:特配)というのがこれでもかというくらいの現場部門で──
という感じのお話なんだけど、依頼さえあればどんなものでも即配達、という
特配の採算度外視の無茶苦茶っぷりが痛快で面白かった!
鳳一が最初に(強制的に)連れて行かれた現場では、
文字通りの「家」を配達しようとしていたというのだから、
如何に特配が無茶苦茶かといことが否が応でも伺い知れるよなぁ;
しかも律儀に切手まで貼ってあるのが笑える。(40万円切手て…;)

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

…と、こんな感じの話が上記を含めて4編収録されてるこの作品。
何が面白いかといえば、無茶苦茶な代物を無茶苦茶な手段で、
見舞われるトラブルは時に力ずくで時に口八丁で、
時に特配のトンデモバックアップで乗り越えつつ業務を遂行していく点に尽きる。
警官と乱闘したりカタギじゃない人達と乱闘したり警官と乱闘したり
どんだけ警官と揉め事起こしてるんだよこの主人公達は!と思わなくもないし、
加えて2話目の馬の配達のラストなんて、
色々と目的見失ってるだろと突っ込まざる得ない。
まあ話としては大好きだったりするんですけどね!

ただ惜しむらくは、単純に好みの話ではあるのだけど、
3、4話目より1、2話目が非常に僕好みの話だったせいで、
体感的にどことなく盛り下がっていく様に感じてしまった事か;
まあ別に気にするというほど気になる事でもないのだけど。

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

今日から僕は!【感想】

   
 【作品情報】
 今日から僕は!
   著者:鈴木大輔
   挿絵:中田貴大
 レーベル:MF文庫J
 私的評価:B+

横線1
「めちゃくちゃセックスしたい!」
高橋千尋は孤高の男だった。
十六年間の人生をすべて勉強に捧げ、周囲から高い評価も得てきた。
でも彼は満足していなかった。だってモテないから。
そう、高橋千尋はとにかくモテなかった。
だから彼は決意した。これからは生き方を変える。
おしゃれになってリア充になって、女の子とやりまくりの人生を送ってみせると。
そして彼は転校を機にひとりの美少女と出会うの だが――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
これはまたド直球な;
勉強に全てを捧げてきた主人公・高橋千尋(せんじん)が、
転校デビューからのリア充ライフを目指すべく、
悪戦苦闘(?)する様子が馬鹿馬鹿しくも嫌いじゃないわ。
(※ここでいうリア充ライフがなんなのかは↑のあらすじを参照のこと)
うんまあ自分に正直ではあるしね、応援したい…とは思わないけど、
生暖かく見守りたいくらいの気分にはなるかな;(酷い)

そして千尋と同様に、転校デビューからのリア充ライフを目指すべく、
BeforeAfterもかくやというレベルの変貌を遂げた姫川智裕(ちひろ)。
(※ちなみにこっちのリア充は↑な意味ではないのでご安心を)
偶然の賜物とはいえ、お互いにデビュー前の姿を見ていた事から、
千尋と微妙に底辺争いを繰り広げているのが可笑しい。
智裕的には千尋なんて格下は相手にしない風味ではあるんだけど、
まあ実際の所そんなにレベル変わんないよね;
ていうか手違いで同じ部屋に下宿する事になってラッキースケベとか
どこのラブコメですか!ってどう考えても典型的なラブコメだったこりゃ失敬;
しかし一万円とか微妙に生々しい金額で嫌ね…;

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

あらすじとか帯コメントとか見ると、ひっどいエロコメだな…という印象ではあるけど、
実際の所そこまでエロコメやってる訳ではないので、意外と取っ付き易くはあった。
(まあ直球なワードは割と飛び交ってはいるんだけど;)
逆にその辺を期待してると肩透かしくらうかも、という懸念も。
個人的には読み終わった後で「(良い意味で)これは酷い」と
言える事を期待してた節もあったので、
やっぱり若干の肩透かし感が無きにしもあらず…かな。
(面白かったはそれなりに面白かったんだけどね;)

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

百錬の覇王と聖約の戦乙女6【感想】

   
 【作品情報】
 百錬の覇王と聖約の戦乙女6
   著者:鷹山誠一
   挿絵:ゆきさん
 レーベル:HJ文庫

横線1
勇斗の前に突然現れた、神帝シグルドリーファ。
ユグドラシル全土に君臨する彼女が幼馴染みの美月と瓜二つであることに驚きながらも、
勇斗はお忍び 中の彼女を宮殿でもてなすことに。
彼女から現代に帰る手がかりを聞き期待を膨らませる勇斗。
だがそのとき、虎心王ステインソール率いる《雷》の軍 勢が襲来!
勇斗は新たな奇策をもって迎撃に挑むが!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
《狼》を訪れた、美月とそっくりな容姿を持つ神帝・シグルドリーファ。
美月との関連性…はまあ現時点では不明なのでさておくとしても、
その絶大なる立場を持つリーファ相手に、
珍しく敬語&あたふたした感じの勇斗が妙に可笑しい。
まあそりゃねえ、曲がりなりにも氏族のトップとして下手な態度は取れないし、
そのくせ当のリーファがトラブルメーカー気質だし、
おまけにリーファの正体を知ってるのは勇斗とフェリシアくらいという状況、
さしもの勇斗でもこうなっちゃうよなぁ;
まあそういった部分を弁える程度には成長しているということかしらね。

リーファの方も、立場上こうやって自由に動き回る事ができなかったから、
一層奔放になってた部分はあるんだろうね。
その辺りを汲んだ勇斗に誘われた、新年鍋パーティーでは、
神帝という立場を忘れて実に楽しそうだったし。
ところでこのフェリシアさんとかいう方は自虐キャラに路線変更したんですかね;
もう完全に面白キャラ化してますわ
(しかし文化の違いとはいえ、二十歳で大台とか言われてもさすがにピンと来ない;)
そして微妙にいじめっこ気質のリーファと勇斗の絡みがまた可笑しい。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<7巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

レベル99冒険者によるはじめての領地経営【感想】

   
 【作品情報】
 レベル99冒険者によるはじめての領地経営
   著者:藤崎
   挿絵:くろかわ
 レーベル:モンスター文庫
 私的評価:C+

横線1
異世界ブルーワースへ転移した高校生、
天草勇人は大魔術師となり、仲間とともに世界を救った。
その功績で叙爵され、領地を与えられた女聖堂騎士・ヴァルトルーデのため、
勇人は領地経営に携わる。
廃墟となった街、税を納めない海運都市、鉄を産出しなくなったドワーフの里……
勇人は時に魔法で、時に現代知識やチート級の資金力で問題に挑む!
地球へ帰還する、一年後のその日まで。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
「小説家になろう」発、大人気異世界救世ファンタジー、全編大幅加筆修正で書籍化!

ってことなので、僕の抱いた感想がマイノリティなのではあるのだろうけど、
うーん正直そこまで面白いとは感じなかったかなぁ;
(…って、一ヶ月位前にも同じような事を別の作品の感想で書いた記憶ががが)
なんというか話のぶつ切り感があるというか盛り上がりに欠けるというか、
話の内容があんまり印象に残らない、と言うのかな。

話の流れとしては、異世界に転移した主人公・天草勇人と
彼が所属していたパーティーが世界の危機を救ったことで、
パーティーのリーダーであるヴァルトルーデに領地が与えられる。
とはいえ領地を与えられた人物がヴァルトルーデ(脳筋)だったこと、
勇人が元の世界に戻る為の魔法の発動に一年程待たなければいけないこと、
その領地がお世辞にも活気があるとは言えない状況だったことで、
勇人も領地経営に携わる事になる…という感じ。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

といった感じで、残念ながら僕にはあんまり合わなかったかな。
元々がWeb小説である関係上、一冊の本としてはまとまりが悪くなっている、
という部分もあるのだろうけどね;

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚【感想】

   
 【作品情報】
 覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚
   著者:むらさきゆきや
   挿絵:himesuz
 レーベル:ファミ通文庫

横線1
廷を追われ、辺境の司令官にされてしまった皇姫アルティーナ。
彼女が皇帝を目指ために必要としたのは叡智だった。
覇剣の皇姫が、読書狂の軍師を知った最初の物語――『~前夜~』。
亡き兄皇子の身代わりとして生きる妹フェリシア。
彼女を救う運命の騎士とは――『銀の皇女オーギュスト』。
第三皇子バスティアンと、女王の座を奪われたエリーゼの
新たなる旅立ちを書き下ろし――『明星の誓い』。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
7巻と同時刊行の短編集。
ということで以下、短編ごとの簡単な感想です。


◆~前夜~◆
アルティーナがシエルク砦に飛ばされて、レジスを登用するに至るまでの小話。

倉庫品の紛失をめぐるトラブルに立ち会ったアルティーナ…ではあるけれど、
この脳筋の娘っ子に真実を探り当てるのは無理があるな、うん;
しかしレジスも、ほんの茶飲み話的に聞いた話に口出ししたことが、
ここまで自分の運命を変えるなんて思ってもみなかっただろうなぁ。

そしてクラリスさんまじ暴君;
(あれは場を諌める目的もあったんじゃないかとは思うけどね;)


◆銀の皇女オーギュスト◆
オーギュスト(フェリシア)とエディの出会いの物語。

とある陰謀からオーギュスト(フェリシア)の護衛をすることになったエディ。
護衛…とは言いながらも、フェリシアとゲームに興じたりしている内に、
フェリシアの事が可愛く思えてきて苦悩する様子が面白すぎる!
フェリシアは女の子だからその感情は全くおかしくなんてないんだけど、
エディはあくまでもオーギュスト(♂)と思ってるからなぁ;
苦悩するのも已む無しではあるんだけど、
「公爵家はもう駄目かもしれない」とまで思いつめるエディの姿は
哀愁さえ感じてしまう…だがそれが面白(ry

元々はオーギュスト(フェリシア)暗殺の為の外堀を埋める為に呼びつけ、
そのままもろとも殺してお終い、となるだけだったはずの皇后の思惑だけれど、
フェリシアに相方を用意して覚悟を決めさせる結果になったのは
ざまぁとしか言い様がない。
まあでも、この良カップリングを成立させた事については感謝しなくもなくってよ?

本編でこの二人を見た時は、こんな裏話があるなんて思わなかったけど、
この話を見たら俄然応援したくなってきたね!


◆明星の誓い◆
4巻のバスティアンとエリーゼの逃避行後のお話。

相変わらずの直情径行気味のバスティアンと、
それに冷静にツッコミを入れるエリーゼの関係性が大変よろしい。
…よろしいんだけど、今回のお話で語らずにおけないのは、
エリーゼよりもロランドの方であったと思う。

先の一件で怪我をしたバスティアンを救護してくれたティラソラヴェルデ家、
そこの本家筋の長男であり、同家に滞在しているロランド。
確かに偏屈気味な性格ではあるんだけど、実はバスティアンと同様の趣味を持っていて、
二人で意気投合して語り合う展開が可笑しいといったらない。
そういえばバスティアンって若干厨二病入ってたものね;
どこかの誰かさんがきっかけで

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

3組のカップリングのお話が、それぞれに面白かった!
しかし今更ながら冷静に考えると、ベルガリアの皇子皇女の相方って、

 アルティーナ → レジス
 バスティアン → エリーゼ
 オーギュスト(フェリシア) → エディ
 ラトレイユ → ジェルマン?

ラトレイユがちょっと不憫に思えてきたのは僕だけだろうか…;


横線2
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

覇剣の皇姫アルティーナ7【感想】

   
 【作品情報】
 覇剣の皇姫アルティーナ7
   著者:むらさきゆきや
   挿絵:himesuz
 レーベル:ファミ通文庫

横線1
提督代理を任されたレジスの指揮により、
ハイブリタニア軍から港町を奪還したアルティーナたち。
しかし、敵軍の補給部隊はすでに出発した後だった。
帝都を背負った要塞では第二皇子ラトレイユが、
策士オズワルドの奇略により苦戦を強いられている。
補給を届けさせるわけにはいかない……
しかし、敵補給部隊の護衛は傭兵王の異名を持つ猛者だった。
果たして、戦争の結末やいかに!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
皇女vs傭兵王!

どうせまた今回もお得意の奇策の前に、女性キャラとのフラグ構築があるんだろー?
とか思ってたのだけど…おお珍しい事もあるもんだ;
まあ今回は基本的にずっと脇にアルティーナが居たからね。
一人で行動すると女性と知り合う(byクラリス)という事は裏を返せば
一人で行動さえしなければフラグ建築スキル(パッシブ)は発動しないということか。
でも極度のにぶちんなのは相変わらずなのでした、まる
(正確には"鈍さ"よりも"自信のなさ"が問題なのだけど;)

ハイブリタニアの補給部隊を叩く為に、色々と画策してるっぽい感じのレジス。
大規模工作部隊を指示したり、ジェローム達に先遣隊のような事をやらせたりと、
こまごまとした下準備の様なことを行っている事に、
今回は一体何をやらかしてくれるのかとワクワクさせられる。
…のだけれど、一応は想定の範囲内で事が進んでいると認識しつつも、
予想より大きい被害に、自分の策に対して疑心暗鬼になるのが辛い。
今までも自分の策で無被害という訳ではなかったにせよ、
やっぱり想定内の中でも想定外寄りに被害が出ると、
あれこれ考えてしまうんだろうなぁ。
でもそんなレジスに対して上手い具合にフォローするアルティーナがまた良い。
アルティーナもアルティーナで成長してるんだよね。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

ハイブリタニア戦は一旦の落ち着きを見せた(んだよね?)矢先の、
まさかの展開に驚かされた。
(と言っても帯コメントでだいぶ盛大にネタバレしてるけど;)
はてさてこれからどういった展開になっていくのか。





とりあえずハムスター以下の扱いを受けたレジスに盛大に噴き出しそうになった;
シリアス状況の終盤で、ページ捲った瞬間にアレは卑怯;
(読んでたの電車の中だったのですよ!)

横線2
<8巻の感想を読む>
<小綺譚の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

アルジャン・カレール 下【感想】

  
 【作品情報】
アルジャン・カレール
~革命の英雄、或いは女王の菓子職人~ 下
   著者:野村美月
   挿絵:マニャ子
 レーベル:ファミ通文庫
 私的評価:A+

横線1
若き女王ロクサーヌの治める平和なフロリア。
王都の片隅の小さな菓子屋【パティスリー】には、
今日も劇作家がやっかいごととともに駆け込んでくる。
そんな平和な日々が、不意に揺らぎ始めた。
フロリアの守護神、バルトレオン将軍の遠征失敗によって。
フロリアは再び混沌に呑まれるのか――。
その行く末は、国際会議の席でのロクサーヌの外交、
そしてその席で供されるアルジャンの菓子の力に委ねられた!!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
後に"菓聖"と呼ばれることになる青年の伝説を描く、ヒストリカル・ファンタジー後編!

開始1P早々から女王様の爆弾発言きたーーーーー!
アルジャンか、相手はアルジャンなのか!?
と、無駄にテンション上がってたけど…デスヨネー; うん、知ってた。
しかし王族とか貴族とかではそう珍しい物ではないのかもしれないけど
(そもそも建前上の要素が強いという部分もあるんだろうけど)、
自分より年上の相手が養女というのも中々に違和感;

ロクサーヌの養女となってシーザリオ公国に嫁ぐことになったシュゼットと、
アルジャンの間にはどうも何かしらの秘密がありそうで。
二人の間に何かただならぬ空気の様なものを感じるのだけど、
またそれを"そっち方面"に勘違いするオーギュストが面白い。
ほんと思い込みが激しいなこのお調子者は;
でもそうやってシュゼットに目を光らせていたから、
彼女の危機を(主にアルジャンが)救うことが出来たのだと思うと、
オーギュストの無駄に高い行動力も捨てたものじゃないなぁとも思ったり。
アルジャンのシュゼットへの贈り物も凄く良かったなぁ。
アルジャンの性格的にも立場的にも、表立っての会話は殆ど無かったけれど、
きちんと思い出は共有できていることに、心が暖かくなる。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

上巻も面白かったけど、下巻はより面白かった!
一応、二割程は実際の史実が元になっている、ということだけど、
特にその辺を知らなくても普通に楽しめました。

ちなみにロクサーヌとアルジャンの関係と生き様も非常に良かったのだけど、
実はアルジャンとオーギュストの関係はもっと好きだったりする。
個人的に下巻の話では、
「おしゃべりな劇作家が無口な菓子職人に名前を呼んでほしいだけの小話」が一押し。
オーギュストは友達だと思ってるのに、
アルジャンにはまともに名前すら呼んでもらってもいない事から、
名前を呼んでとアルジャンに詰め寄るオーギュストのヒロインっぽさと
それをソフィーに色々と勘違いされる展開に笑いが止まらなかった。
でもその後の、アルジャンの用意した新作が…という展開がまた美味しいんだよなぁ。


横線2
<上巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

アルジャン・カレール 上【感想】

  
 【作品情報】
アルジャン・カレール
~革命の英雄、或いは女王の菓子職人~ 上
   著者:野村美月
   挿絵:マニャ子
 レーベル:ファミ通文庫
 私的評価:A

横線1
革命とその後の混乱を経て、平和を取り戻したフロリア。
その王都パリゼの隅で、劇作家のオーギュストは
小さな菓子屋【パティスリー】を見つける。
そこは魅惑の菓子で溢れていたが、無愛想な銀髪の店主は何やら怪しげで、
すわ革命派の残党か、或いは盗賊かと疑うオーギュストだったが……!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
後に"菓聖"と呼ばれることになる青年の伝説を描く、ヒストリカル・ファンタジー。

劇作家のオーギュストがたまたま見つけた小さな菓子屋・パティスリー。
店主であるアルジャンに対して、無愛想だ鉄面皮だぶつくさ言ってるんだけど、
アルジャンの作るお菓子自体は非常に気に入っていて、
連日のように店に入り浸っているのが可笑しい。
(劇作家としてアルジャンの素性の詳細を知りたい…と思ってる部分もあるんだけどね)
お調子者ではあるんだけど、憎めないキャラなんだよねオーギュストって。

アルジャンもアルジャンで、オーギュストから無愛想だと言われるように、
表面的には何考えてるのかよくわからないし、
言葉遣いも(とりわけオーギュストには)キツめなんだけど、、
なんだかんだ根は優しいんだよね。
ニノンの事もそうだし、オーギュストが一目惚れしたシスターの為に
チャリティー劇を行った時のいざこざでも、
オーギュストの株が上がるように上手く後詰めをしてくれたりと、
なかなかニクい事をやってくれるんだよなぁ。
べた褒めされると「…そうか」とか言って背中向けるのには
ついにまにまとした笑いが表に出てしまうし。
まあ教会の件については、結果として肝心のシスターが
オーギュストよりアルジャンに心惹かれた感じになってるのには
それとはまた別の笑いが出てしまったけど;

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

ということでこのお話はこれで半分。
上下巻構成のようだから、もうちょっと露骨に
「下巻に続く!」な感じかと思ったら意外とそうでもなかったね;
(いやどっちにしてもすぐ続き読むけども)



とりあえずニノンちゃん妹か娘に貰っていいですk

横線2
<下巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

世界の終わりの世界録2【感想】

   
 【作品情報】
 世界の終わりの世界録2
極光の竜帝
   著者:細音啓
   挿絵:ふゆの春秋
 レーベル:MF文庫J
 私的評価:A+

横線1
伝説の英勇エルラインが遺した、世界の終焉と再来とを記した至宝「世界録」。
その在り処を世界中の国や旅団が探し求める世界録大争奪時代――
炎の将魔討伐を果たし、レンたち「再来の騎士」は一躍世界中にその名を轟かせた。
周囲からの注目を浴びつつ、一行は世界録の手がかりを求め
竜姫キリシェの故郷である秘境リ・インファリエルへ向かうことに。
道中で「カナン巡礼聖教船」、新たな始原精霊との邂逅を経て、辿りついた秘境。
待ち受けていたのは、キリシェの妹である竜帝カルラだった。
「人間、あなたはキリシェ姉様にとっての害悪です」。
竜の長との激闘の調べの中、偽英勇は、覚醒の咆哮を上げる――

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
再来の騎士達が描く、浪漫王道ファンタジー第二弾!

偽英勇とかつての英勇の仲間達の世界録を探す旅路。
今度はどこへ行くのかと思ったら…
温泉で混浴たあどういう了見だごるぁレン君はあまり乗り気じゃないみたいなので
ちょっとそこ変わってもらえませんかお願いしまs
まあそれは兎も角としても、名だたる竜姫と大天使と元魔王と混浴って
ほんとどういう状況だよそして元魔王の君はなにゆえスク水…;
それぞれに魅力的な三者三様の水着の御姿ではあるけれど、
やはり個人的には生粋の悪魔より小悪魔っぽい若作りの天使様を推すぜ!
おっと誰か(ry

世界録の手がかり、そして剣聖シオンが訪れたということで、
キリシェの故郷でもある竜の渓谷のリ・インファリエルへ向かう一行。
近道である墳墓を通っていこう…という話になるんだけど、
「そっちのが面白いから」という理由で墳墓に仕掛けられた罠を
わざと作動させていくエリーゼと、それにあたふたしてるレンが面白い。
フィアとは別の意味でイイ性格してるなぁ; さすが元魔王。
(涼しい顔のエリーゼやフィアやキリシェと違って、
レンにとってだけは文字通りの命懸けなんだから
あたふたするのは仕方ないのだけれど;)
でもノームの住処でのノームの創り出したゴーレム相手に、
曲芸染みた立ち回りとサラマンダーの協力(とカナン巡礼聖教船の支援)で、
ゴーレムを打ち倒す勇姿に心が踊る!
しかしまあノームにしてみればこれがただの遊びでしかないのだから苦笑するしかない。
うーん無邪気さというのは時として非常に恐ろしくもある。
(もちろんその遊びに付き合っただけの価値はあったのだけどね)

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

いや、今回も面白かった!
五大災の一人や、もう一人の古代詠唱士である聖女様にも動きがある感じで、
次の天界編とやらがどういう展開を見せるのか、非常に楽しみ。


横線2
<3巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

今すぐ辞めたいアルスマギカ【感想】

   
 【作品情報】
 今すぐ辞めたいアルスマギカ
   著者:氷高悠
   挿絵:菊池政治
 レーベル:ファンタジア文庫
 私的評価:A

横線1
後継者不足から、今だに現役の魔法少女として戦う高校生・ほのり。
小学生時代に設定した魔法少女スタイルは痛々しいし、
敵の怪人たちはしょッぼいし、交通費は自腹だし─。
魔法少女なんて、いますぐ辞めてやる!!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
いや実に馬鹿馬鹿しい!(褒め言葉

幼少時に憧れの魔法少女になった…は良いものの、
後継者がいないことで高校生になっても(システム的に)辞めるに辞められず、
熱狂的な信者に信奉されたり一般の人には痛々しい目で見られたりの日々で、
やさぐれにやさぐれた主人公・ほのりの態度が面白い。
同じ魔法少女のチームメイトに至っても、
華やかさという意味でも当人のやる気という意味でも一番魔法少女っぽいのに
性別が間違ってる雪姫だとか、完全にやる気ゼロのおっさん染みた薙子だとか、
濃すぎる面子に苦笑せざるを得ない。
…とりあえず雪姫は確かに(見た目は)可愛いんだけどさ、
挿絵でパンチラは用意して頂かなくても;(ついでに言うとチラどころではない気も)

魔法少女の設定(各種ネーミング)というのも色々と酷いというか;
まあそりゃ小学校低学年位の時に付けた名前を変えられずにそのまま使ってるんだから、
高校生にもなれば痛々しいのは間違いないんだけど、
それにしたってサケ目サケ科の魚類って…;
もうね、サーモンという単語が出てくる度に
痛々しいを通り越していたたまれない気分にさえなってくる…;
サーモンって単語にこんな気持ちを抱いたのは人生初じゃなかろうか。
しかしサケ目サケ科の鮭先輩も大概だけど、番長ってーのもどうなんですかね…。
武器にしたって魔法の洗剤スプレーとか魔法の鉄パイプとか、
とりあえず「魔法の」とか「マジカル」とか付けとけば良いって思ってるだろ絶対;
どこぞの邪神コメディが「冒涜的な」とか「名状しがたい」とかつけてれば良いみたいに

出てくる敵もバカばかりというか変態しかいないし、
やっと見つかったかと思った後継者は厨二というか邪気眼というか
もうこじらせるところまでこじらせた様な後輩だし、
ほのりの苦労は留まる所を知らないな!
でも悪態つきまくりで辞めたい辞めたい言ってるのに、
敵が出れば(交通費自腹でも)律儀に出動するし、
自分がこれだけ苦労してるのにそれを後輩に押し付けていいのか、とか葛藤したり、
変な所で真面目というか気が弱いというか。ぶっちゃけ結構チョロい

   :

いや実にくだらなかった! けど割と楽しめてしまったのが微妙に悔しい;
一応話のお約束的に若干真面目な展開もあったけれど、
基本がこーゆーふざけたノリなので、そのくだらなさが楽しめれば勝ちではないかと。

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

祓魔科教官の補習授業2【感想】

   
 【作品情報】
 祓魔科教官の補習授業2
優等生は振り向かない
   著者:すえばしけん
   挿絵:NOCO
 レーベル:一迅社文庫
 私的評価:A

横線1
夏休み、教官の日垣悠志朗は、教え子の五人たちを連れ、
海辺の『特別実験区』で合宿することに。
常人で最強の祓魔技能士・悠志朗と、
ドロップアウト組たちの新たな戦いのステージが幕を開ける……!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
学園育成退魔バトル第2弾!

前回の事件で色々と機密事項に触れた事で、落第生3人に加えて
フィオと木竜も悠志朗の下で落第生という名目で管理下に置かれる事に。
この面子に木竜が加わって大丈夫なのか?と多少の不安があったのだけど、
意外と大人しくしててちょっと驚いた。
まあ彼も彼で、前回の事件で色々と思う所があったんだろうなぁ。
もっとも最初こそ敵対的かつ好戦的だったものの、
悠志朗の強さについてはきちんと認めてた節もあったしね。
子音も子音で相変わらずの口の悪さはあるものの、
花耶とは仲睦まじくやっているようで、
悠志朗トークに花を咲かせる様子にニヤニヤしてしまう。
(花を咲かせてるのは主に花耶の方だけど。花耶だけに

むしろなんだか様子がおかしそうなのは優等生のフィオの方で…。
つい先日までは落第生だったのに、実力を開花させてきた事で
フィオに迫るレベルになってきた花耶達の強さ(とそれだけの成長率も含めてかな)に
色々と焦りを感じているのがもどかしい。
今まで地道に努力を重ねて実力を手にしてきた様に、
あくまでも自分のペースで実力をつけていけば良いのにね…と思わなくもないけれど、
能力が凡庸であるがゆえに切り捨てられた自分の出自の事も考えると、
やっぱり色々とマイナス方面に考えちゃうんだろうなぁ。
確かにやれ時間操作だの二重存在なんていうレア能力や、
果ては神和なんていうトンデモ祓魔技能士が周りにいたら
焦ったり塞ぎ込んだりする気持ちも理解はできる。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

前回が花耶メインだったから、順番的に子音がメインなのかと思ってたら
まさかのフィオ回だったという; (普通に表紙にいるし)
というか今回子音ってあんまり活躍の出番g


横線2
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

GEφグッドイーター【感想】

   
 【作品情報】
 GEφグッドイーター
   著者:新木伸
   挿絵:あるや
 レーベル:ガガガ文庫
 私的評価:A

横線1
いつものダンジョン最下層。そこで繰り広げられるキャッチ&イートの毎日。
一般人の少年カインは、ひょんなことから、“おいしいものを食べる”ことを目的とする
“グッドイーター”に参加することになった。
そこで出会ったのは、元勇者と元魔王と元暗殺者という、いわくつきの三人。
彼女たちに囲まれて、やっつけたモンスターのお肉を食べたり、
看板娘・エルマリアがいるいきつけのお店“腹ぺこ赤竜亭”で満腹になったり。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
次の4コマ小説は、キャッチ&イートなファンタジー!

なんて言ってみても、まあ大体いつものGJ部ですな。
ダンジョンに住み着く凶悪なモンスターとか出てくるけど、
それらを食材としか見てない欠食児童達GEメンバーが楽しい。
(字面だけ見ると非常に殺伐としている気がしないでもないけれど;)
言葉遣いの悪さを指摘されて慌てて喋り直したり、
本名で呼ばれて恥ずかしがる勇者や、角をなでなでされて赤くなる魔王さま、
ちょっとずつ餌付けされてくアサシンさんが可愛いなぁ。
…ちなみに言外にエルマリアが可愛くないって言ってるワケじゃないからね?
ちょーーーーっと腹黒いだけで!

ドラゴンでさえも数分で食材に変えてしまう勇者や魔王さまの
ぶっ飛んだ強さなんかも楽しいのだけど、
おおよそ食材に向かないモンスターを間違って倒してしまった時の、
慌てふためく様子も面白いんだよなぁ
倒したモンスターはすべからく食事に使用しないといけない…という
GJ部魂もといGEの掟があるからね、仕方ないね。
でも子犬サイズのG型モンスターの大群は勘弁な;、

   :

新シリーズなので舞台もキャラも一新されたけれど、
GJ部同様のゆるふわな雰囲気はそのままなので、
GJ部高等部が好きな人なら同じ感覚で楽しめると思う。
キャラ配置自体、高等部と被りまくりな気がするし
きっとそのうちカインの妹とか妹繋がりのキャラとか
小動物っぽい新メンバーが出てくるに違いない。
もちろん主人公の女装も完備でお願いしまs



しかしいつも通りなのであんまり書くことがないな;
新シリーズなのにいつも通りとはこれ如何に。

横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。