スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鏡のアルデラミン10【感想】

    【作品情報】
 
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンX
   著者:宇野朴人
   挿絵:竜徹
 レーベル:電撃文庫

横線1
帝国から亡命を図るアルデラ教徒に、
捕虜収容所から脱走したエルルファイ少将をはじめとするキオカ海軍が加わることで、
一気に力を増す敵を目の前に、
出征しきていた女帝シャミーユは安全のために東へと移動する。
一方、〈不眠の輝将〉ことジャン率いるキオカ陸軍&アルデラ神軍に東から追撃されて、
マシュー少佐らは西に向かって撤退していた。
やがてシャミーユとマシューたちは合流する。
しかしそれは、彼らが東西から敵に挟まれることを意味していた。
シャミーユ、トルウェイ、マシューたちカトヴァーナ軍が陣取ったのは、
垂直を越える角度で切り立つ峻険な崖が
南北に数キロにもわたって続いている卓状台地の上。
地形を利用して、なんとかキオカ軍の攻撃を防ごうとするのだが、
ジャンの意外な策略によって、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。
もはやこれまで……と思ったとき、そこに現れたのは――!

※公式サイトより

横線1

パトレンシーナの裏工作とジャンの指揮によって、
確実に窮地に追い込まれていくマシュー達帝国軍。
そんなマシュー達の元に現れたのは──って、
まあ前巻読んでれば誰が来たかなんて分かりきったことではあるのだけど、
それでもようやく"彼"が復活したことに、胸が打ち震える!
そこからの反撃もさることながら、彼が戻ってきた事によって、
騎士団とシャミーユが以前と同じ空気に戻ったことが、何より嬉しい。
デコピン一発でトルウェイを"引き戻す"のは実に彼らしいというか。
マシューもこれくらいやってやれば良かったのにねぇ;
まあマシューもこの二年相当テンパってた訳だし厳しいか;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線2
<9巻の感想を読む>
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

アクセル・ワールド20【感想】

   
 【作品情報】
 アクセル・ワールド20
-白と黒の相剋-
   著者:川原礫
   挿絵:HIMA
 レーベル:電撃文庫

横線1
「――行くぞ、レイン!!」「――来い、ロータス!!」
《災禍の鎧》、《バックドア・プログラム》、
《ISSキット》、そして《災禍の鎧マークII》――。
加速世界にあまたの悲劇と混乱をもたらしてきた謎の組織《加速研究会》。
その表の顔は、六大レギオンの一角として
港区エリアを支配する白のレギオン《オシラトリ・ユニヴァース》だった。
全ての元凶にして黒幕、白の王《ホワイト・コスモス》との決戦を前に、
黒雪姫率いる《ネガ・ネビュラス》は
赤のレギオン《プロミネンス》との合併会議に臨む。
ネガ・ネビュラスからの出席者十一名に対して、プロミネンスは総勢三十三名。
実に三倍もの規模を誇る大レギオンの全貌を初めて目の当たりにし、
圧倒されるハルユキだったが、会議は序盤から思わぬ展開を辿る。
「シルバー・クロウ!! ネガ・ネビュラス代表として、オレと戦え!!」
初対面のバーストリンカーに、いきなり戦いを挑まれたハルユキの選択は――!?
いっぽう、ニコと黒雪姫も、禁断の《王》対《王》の戦いへと突き進む。
対峙する二人は、二つのレギオンをまとめあげることができるのか――!?

※公式サイトより

横線1

ネガ・ネビュラスとプロミネンスの合併会議。
まさかプロミの全メンバーが名前と顔付きで出てくるとは思わなかったけど、
しかしこの新キャラは…アッシュの親戚か何かか;
そしてクロウはどうしてこういうキャラに好かれる(?)のか;
いやまあ別に嫌いじゃないけどね? 悪い人じゃなさそうだし。
バカそうではあるけど

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

禁断の《王》対《王》の戦い(笑)

横線2
<19巻の感想を読む>
<18巻の感想を読む>
<17巻の感想を読む>
<16巻の感想を読む>
<15巻の感想を読む>
<14巻の感想を読む>
<13巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

天鏡のアルデラミン9【感想】

    【作品情報】
 
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン9
   著者:宇野朴人
   挿絵:竜徹
 レーベル:電撃文庫

横線1
ようやく反乱分子の掃討を終え、国内を掌握したかに見えた女帝シャミーユ。
しかしアルデラ教徒に不穏な動きがあることを知り、その真相を探るべく、
信頼厚いマシューとサザルーフに、ある任務を命じるのだった。
一方、捕虜としてカトヴァーナ帝国北域辺境で
開拓労働に従事させられているエルルファイ少将やグレーキらキオカ海軍兵士たちも、
決起のときを静かに待っていた。
そして長い眠りから醒めたパトレンシーナは、
ハロの顔を巧みに使いながら、いよいよ暗躍を始める……。
再びカトヴァーナ帝国に大きな騒乱が起きようとしていた。
その中で、物言わぬイクタは果たして――!?

※公式サイトより

横線1

表紙のパトレンシーナさん怖ええええええ!
(いや全編通しておっかないんですけどねこの人…;

   :

今回、アルデラ教徒達に良からぬ動きがあるとの事で、
偵察任務を命じられるマシューとサザルーフ。
二人の普段とは異なる傾向の任務ではあるものの、
当面のマシューの張り詰め方を考えると、
戦闘がメインではないという点にはほっとする。
…これで"彼女"が同行&暗躍してさえいなければ、ね。

指揮官としての実力という点においては、
マシューもサザルーフも十分に信頼が置けるんだけど、
パトレンシーナが表で堂々と誘導したり、
裏で暗躍して多種多様な罠を仕掛けてくるから本当に気が気じゃない。
マシュー達はパトレンシーナの正体には気づいてないから仕方ないんだけど、
見てる側としては心臓によろしくないよね、今回。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線2
<10巻の感想を読む>
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

竜は神代の導標となるか4【感想】

    【作品情報】
 竜は神代の導標となるか4
   著者:エドワード・スミス
   挿絵:クレタ
 レーベル:電撃文庫

横線1
東部の覇者はどちらか? ついに雌雄を決する時がきた。
名将バネッサの陰に隠れがちだが、スコットは紛うことなき俊英である。
この会戦を機にさらに才能を開花させた青年が、カイの前に立ち塞がる。
これは東部戦線を占う戦いだけではない。勝者は英雄への道を突き進む。
歴史に名を刻む存在になることを誰もが予感していた。
最終決戦は知略をつくし、大軍を縦横に動かす総力戦となった。
そして伝説の一騎打ちが始まる。最新鋭の鉄騎竜メシエを駆るスコット。
同盟の象徴となった騎士竜レイバーンを駆るカイ。勝者は果たして?

※公式サイトより

横線1

カイ達同盟軍とクロンダイクの戦いは後半戦へ。
カイも、エレナも、カナも、メリダも、それぞれの役割を担って戦いに赴き、
それぞれがまた一様に格好いいのだけれど、
やはり今回はアーロンの活躍が際立っていたかな。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

これからお話がどうなっていくのか非常に気になる…のだけれど、
本シリーズはここで一区切りで、次からはまた別のシリーズになるとのこと。
読者の反応次第では続きが出るかも…とあとがきで語られてはいるものの、
まあ難しいだろうねぇ…好きなシリーズだけに悲しきかな。


やっぱりバネッサがヒロインの一人とか言ったのがまずかったのk


横線2
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

課外活動サバイバルメソッド3【感想】

   
 【作品情報】
 課外活動サバイバルメソッド3
   著者:水瀬葉月
   挿絵:悠久ポン酢
 レーベル:電撃文庫

横線1
閉じられた学園の中で行われる『課外活動』。
《園》での戦いで仲間の理法を失い、悲嘆にくれながらも安全地帯を探す幸也たち。
そんな中、彼らに助けを求めて現れたのは、気絶した猫啼を抱きかかえた凜だった。
――殺人鬼・枯山水乃愛が生きている。
凜が伝えたその凶報によって、事態は再び不穏な空気を帯びていく。
さらに弟の仇を討つべく復讐を誓う識神練亜と、
動く死体“首割れ”を操る謎の能力者の出現によって追い詰められていく幸也たち。
戦いの末に彼らが願う想いとは――。

※公式サイトより

横線1

いやあ実にこの混沌とした状況が面白いね!

1巻で幸也達への復讐鬼と化した二人の襲撃、
殺人鬼・乃愛の復活、首割れを操るという能力者、
更には前巻で死んだと思われていたあのキャラの暴走参戦…と、
相当に場が引っ掻き回された状態に
ぶっちゃけ戦闘能力的にはかなり頼りない幸也達(凛が頑張ってくれてはいるけど)が、
ギリギリの状態を強いられていく展開にハラハラさせられる!(…まあ毎巻か;)
まあ色んな勢力が入り乱れるからこそ、
幸也達が場を切り抜ける隙間もあったりするんだけどね。
とりあえず似捌さんはその腕に抱えてるブツどこかに埋めてくれませんかね

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

本作はこれで第一部完、とのこと。
いわゆるいつもの"打"で始まって"切"で終わるアレですかね;

まあ人を選ぶ内容だって事は分かりきってるし、
むしろよく3巻まで続いたな…と思う部分もあるけれど、
個人的には好きな作品だっただけにやはり残念は残念。
この作者さんにはこの作品とか魔女式みたいな方向で
突き進んでいって欲しくはあるんだけど…やはり売上的に厳しそうね;


横線2
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。