スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復讐ゲーム【感想】

   
 【作品情報】
 復讐ゲーム
―リアル人間将棋―
   著者:青葉優一
   表紙:赤岸K
 レーベル:メディアワークス文庫
 ▼評価を表示
横線1
将棋部に所属する南と後藤は、お互いの彼女を連れてダブルデートを重ねるなど、
充実した高校生活を謳歌していた。
しかし、文化祭の準備で学校に泊まりこりみとなった夜、
恐るべき復讐劇に巻き込まれる。
リアル人間将棋――それが復讐のために用意された舞台だった。
取られた駒は死ぬ、という仕掛けのもと、
南と後藤は駒となった恋人を守るため、死力を尽くして対局に臨む。
一手一手が生死を分ける、待ったなしの人間将棋の結末は?

※公式サイトより

横線1

うーんとりあえずこの主人公達爆発してくんないすかねぇ…(
将棋部に所属する主人公・南とその親友・後藤が、
お互い彼女持ちでダブルデートやってみたりいちゃついてみたりの
リア充高校生活を送ってる様子につい舌打ちしてしまうな!

とはいえ、そんな彼等が、かつて同じクラスにいた、
イジメにより不登校になった生徒の復讐劇に巻き込まれるのには目を覆いたくなるなぁ。
用意された復讐劇の舞台そのものもさることながら、
泊まりがけの文化祭の準備の最中、一人、また一人と
クラスメイトの行方がわからなくなっていく様がまた地味におっかない。

箕輪とその協力者によって用意された復讐劇の舞台──リアル人間将棋。
ルールそのものは一般的な将棋と同じながら、
駒を取られたらその駒役に割り振られた人間が死ぬという
容赦の欠片もないえげつないルールに、怖気が走る。
(その殺され方も、シンプルながら相当にえげつない方法だという事は明言しておく)
駒ではなく対局者役に割り振られた南と後藤だけは、
ただ祈ることしかできな駒役と違ってゲームに自分の意思を介入させられる訳だけど、
これもこれで嫌すぎだよなぁ…負ければ死ぬのに変わりはないし、
駒役の人間を殺しながら、死んでいく人間の怨嗟の声を浴びながら、
それでも対局を進めなければならないというのも相当にキツい。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

前作(デビュー作)の「王手桂香取り」とは一変、
将棋という部分しか共通点がなさそうな、
真逆のベクトルの作品が出てきた事に正直驚愕を隠せない;

対局者(南と後藤)しかゲームに介入できない、
という点でどうしてもちょっとデス"ゲーム"ものとしては物足りない部分はあるかも。
最終盤の局面がややあっさり気味なのと、
エピローグ的な話がないのも少し物足りなく感じるかな?
でも展開自体は非常に引き込まれるし、面白かった。
読後感はあんまり良いものじゃないけどね;

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

読了感想:騙王

   
 【本日の読了】
 騙王(かたりおう)
   著者:秋目人
 レーベル:メディアワークス文庫
 my評価:A-

横線1
何もせずに朽ち果てるくらいなら、口先だけで手に入れてみせよう。
金も力も愛も、そして王座さえも……。

ローデン国の第二王子であるフィッツラルド。
第一王子を後継者にと考える国王からは疎まれ、
その第一王子からは頻繁に刺客を送られ、茨の日々を過ごしている。
このままでは、漫然と死を待つだけだ……そう考えた彼は決意する。
相手が誰であろうと、騙りつくそう――すべては生き抜くために。
頭脳と口先で自らの運命を変えた、ある少年の物語。

※公式サイトより

横線1

◆総評◆
えーと本来"この作品"を読むつもりは無かったんですが、
先日誤ってそれと気づかずにこの作品の2巻を買ってしまい;
(2巻にナンバリング振ってなかったんですよ…
後でよく見たら帯に続刊っぽい事は書いてあったんですが)

で、肝心の作品の内容はというと。
ローデン国の第二王子であるフィッツラルドが、とある出自故に、
父親(国王)からも次期国王である兄からも疎まれ、狙われ続ける毎日を過ごす中、
生き残る為に話術で国王の座を奪いとろうと画策するお話。
フィッツラルドが周りの人間を話術あるいは詐術で
味方につけたりだまくらかしたりする姿が痛快で面白かった!
兄の婚約者を自分の婚約者にしてしまった時はさすがに戦慄したけど;
なんという寝取r
ちなみに口八丁がフィッツラルドの十八番ではあるけど、
戦場に立ったりもする。(しかも結構強い)

ただちょっと残念だったのが、
背景設定の説明が本当に必要最小限しかされていないように感じた事。
読んでればある程度は理解できるのだけど、
根本的な世界設定や他国との関係性の俯瞰状況とかも含めて、
もうちょっと状況説明があっても良かったように思う。
そのせいかちょっと状況が理解しづらかった部分も。(特に1話)
僕がラノベっぽくない文体に不慣れだったというのもあるかもしれないけど;
(まあメディアワークス文庫だしねぇ)

   :

ちなみにこの作品、第17回電撃小説大賞の4次選考作品らしいです。
(魔王さま!と同時期の応募作になるのかな)
電撃文庫でなく、メディアワークス文庫で出たのは…まあ先の通り
あんまりラノベっぽくない文章だったから、かな?
内容的には結構ラノベでも行けそうなんだけどね。

<作品要素>
・ファンタジー
 (架空の世界が舞台という意味で。魔法とかは無し。
 世界観的には多分中世くらいのイメージ)
・跡目争い
・戦争
・口八丁

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

読了感想:たったひとつの、ねがい。


 【本日の読了】
 タイトル:たったひとつの、ねがい。
   著者:入間人間
   挿絵:のん
 レーベル:メディアワークス文庫
 my評価:A+

たったひとつの、ねがい。 (メディアワークス文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
彼女と知り合ったのは学生時代だった。
互いに心を通わせてる、そのことすらも確認しなくても分かる日々。
そして今日。俺は思い切って結婚を彼女に持ち出してみた。
下手に出て、お伺いしてみる。
恐る恐る顔を上げて反応を確かめると、非常に希少なものが拝めた。
彼女がにたにたと、ともすれば意地悪く見えるほどにやついている。
つまり、良いよ、ということ?
やったぁ……と、思ったその瞬間。あんな、あんなことが起こるなんて。
それから、俺のもう一つの人生は始まった。

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆まとめ◆
これは…素直に面白いというにはあまりにも重く、非常に歪んでいるお話でした。
そもそもが内容が内容だけに「面白い」という感想も何かが違うような気がしますが。
しかし、それでも読んでる間中、このお話の結末がどうなるのか、
先が非常に気になって、ページを捲る手の止めどころがわからなかったのは
紛れも無い事実ですので、そういう意味では非常に面白かったのだと思います。
エピローグの衝撃もすごかったですしね。
(なので評価としては一応A+としてあります)
間違いなく人を選ぶ内容ですけど。

というか新年一発目がこの作品というのも我ながらどうかと思いました。

   :

以降の感想にはこの作品における重大なネタバレを含みます。
また、その中でも特に核心となる部分は反転表示としてあります。

そして未読の方へ。
グロ描写やエグい描写が苦手な方は、この作品は読まない方がいいでしょう。
(挿絵こそありませんが、かなりキツめの描写があります)
また、この作品については、極力ネタバレを排除した上で読むことをお勧めします。

続きを読む

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。