スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代魔法のいらない魔術師2【感想】

   
 【作品情報】
現代魔法のいらない魔術師2
下僕と生きる第二の伝説
   著者:三河ごーすと
   挿絵:よし☆ヲ
 レーベル:講談社ラノベ文庫
 ▼評価を表示
横線1
伝説の古代魔術師ロウエン・カフ・エグゼンプリオは、
その圧倒的な魔術の力で下僕となった少女を守った。
しかし平穏はつかの間。クレシェーナ魔法学院に一人の少女――イオがやってきた。
イオはロウエンの正体を疑い、ロウエンの後をつけ回す。
が、あまりにも自由すぎるロウエンの日常や、
古代魔術が普通に受け入れられている教室を目にして、彼女は困惑を深めていく……。
科学の力を集結した魔導機兵とロウエンの《影の力》が交錯する、
古代魔術師第二の伝説、第二幕!

※公式サイトより

横線1

マリアのデレ度が増していて良いですな!
まあそのせいか前巻に比べて、
ロウエンの"命令"によるコント(?)は少なめな印象ではあったけど;
(同じネタで引っ張りまくっても仕方ないしいいんだけど)
そしてロウエンのナチュラルに尊大(な口調)で、真面目な性格も相変わらず面白い。
元いた時代に戻る為のヒントを得るため、
漫画とか漫画とか漫画とか読み漁ってる姿に笑ってしまう。
学校の教室でエロ漫画はなかなかにハードルが高いと思うの

技術交流の名目で、《天秤宮》から派遣された少女・イオ。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線2
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術1【感想】

   
 【作品情報】
 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術1
   著者:むらさきゆきや
   挿絵:鶴崎貴大
 レーベル:講談社ラノベ文庫
 ▼評価を表示

横線1
MMORPGクロスレヴェリにおいて坂本拓真は、
他プレイヤーから『魔王』と呼ばれるほど圧倒的な強さを誇っていた。
ある日、彼はゲーム内の姿で異世界へと召喚されてしまう。
そこには「私こそが召喚主」と言い張る少女が2人いた。
拓真は彼女たちから召喚獣用の奴隷化魔術をかけられる──
しかし固有能力《魔術反射》発動!奴隷と化したのは少女たちだった!
困惑する拓真。彼は最強の魔術師だが、コミュ力が絶無なのだ。
悩んで放った一言はゲーム内で使っていた魔王ロールプレイで!?
「俺がすごいだと? 当然だ。我はディアヴロ……魔王と怖れられし者ぞ!」
やがて世界を震撼させる魔王(演技)が絶対的な強さで突き進む異世界冒険譚、開幕!

※公式サイトより

横線1

MMORPGで「魔王」の異名を持ち、圧倒的な強さを誇っていた主人公が、
ゲームの容姿&ステータス&装備で、異世界に召喚されて…という感じのお話。
召喚主と思しき美少女二人にかけられた、奴隷化魔術を反射して立場が逆になる…
んだけど、とりあえず首輪が着いてるというビジュアル的な部分以外は
特に奴隷という感じはしないかな;
このヘタレ気味の主人公に奴隷として扱うような度胸もないだろうしね…;

そんなトッププレイヤーなんていいつつも、
それ以外ではただのコミュ障でしかない主人公が、
他者と会話をするために取った手段というのが、
ゲーム中で行っていた魔王ロールプレイというだから可っ笑しい。
表向きの尊大な態度&口調と、実際の心情とが全く一致してないのに笑ってしまう。
もっともコミュ障なんて言っても、肉体言語は一級品のようですがね!
肉体言語=セクハラ技術

でもこの異世界において、ディアヴロの能力はまさしく"魔王"とさえ呼べるものなので、
その尊大なロールプレイがマッチして意外と違和感がないんだよなぁ。
その態度と合わせて、相手を一掃していく様子が痛快だった!

   :

しかしこの作品読んでると、どこかで見たような…もとい、
むらさき氏の他作品で見た設定とか単語がよく見受けられるよね。
(ゲーム名とか、都市の名前とか店の名前とか、種族名とかetc)、
同一の世界なのか、単純に設定や世界観だけを踏襲してるのかは分からないけど、
こういう作品間クロスオーバーみたいなのは好きなので、ついにやりとしてしまった。

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

現代魔法のいらない魔術師【感想】

   
 【作品情報】
 現代魔法のいらない魔術師
下僕と生きる第二の伝説
   著者:三河ごーすと
   挿絵:よし☆ヲ
 レーベル:講談社ラノベ文庫
 ▼評価を表示
横線1
魔術師ロウエン・カフ・エグゼンプリオは、人類で最初に魔術を生みだした伝説の存在。
魔王討伐の旅を終えて祖国に帰ろうとした彼は、
科学の力を借りた《現代魔法》が主流の世界に召喚されてしまう。
召喚主のマリアは、とある理由からロウエンを下僕にしようとするが、手違いが発生。
逆にマリアの方がロウエンの下僕となってしまう!
未来の技術に困惑しつつ、マリアと共にクレシェーナ魔法学院に通うロウエン。
だがそこで彼は知る。世界が《吸血鬼》の脅威に晒されていることを。
そして、《現代魔法》が《古代魔術》よりも遥かに劣るという事実を!
達観しつつも好奇心旺盛な古代魔術師ロウエンの、第二の伝説、開幕!

※公式サイトより

横線1

世界で最初に魔術を生み出し、自身もチート級の魔術の実力を持つロウエンが、
現代(ロウエンからすれば遥か未来)に召喚されてしまい…という感じのお話。
物語の導入自体はよくあるし、話の展開自体もそこまで目新しい訳じゃないけど、
召喚主のマリアが支配魔術に失敗して主従関係が逆転したことで、
マリアがロウエンの命令は絶対遵守な状態に陥り、
更にそれがマリア生来のツンデレ具合と合わさったやりとりがほんと面白い!
(まあロウエン自体が人格者なのでその状況を悪用するとか、
意図的に弄り倒すとかそういうのは無いんだけど;)

しかしまああれだね、現代魔法が発達したこの時代で
古代魔術がほぼ遺物同然な扱いなのは仕方ないとしても、
その可能性を信じ続ける人間を蔑むなんてのはロクな輩じゃないよなぁ。
それだけに、キュリオにその実力の一端を見せつけ、
更には現代魔術(というより現代技術、というのが正解かな?)を
自身の古代魔術に取り入れ、圧倒する展開が痛快でたまらなかった!
実際の所、ロウエンが言うように現代魔法にも古代魔術より勝る部分…
どちらにもそれ相応のメリット・デメリットがある訳で、
決してどちらが上、って訳でもないんだけどねぇ。
ロウエンの行った"カスタマイズ"は、冷静に考えたら至極当然の事ではあるんだけど、
思わずおおなるほど!と手を打ってしまった。僕の頭が残念という説も有力

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

面白かった!
同作者さんの作品はデビュー作(だよね?)のWWWM以来だったけど、
相変わらず主人公とヒロインの関係とかやりとりにニヤニヤ出来てよいですな!
WWWMのツンデレ×ツンデレという感じだったけど、今回のもまたぐっど。
話としても、ロウエンの時代の人物であるはずの"彼女"と思しき存在が
何故現代にいるのかなど、とても続きが気になる所存。

横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

チートな魔王の道具屋は、今日もJKJCが働かない!?【感想】

   
 【作品情報】
チートな魔王の道具屋は、今日もJKJCが働かない!?
   著者:澄守彩
   挿絵:すし*
 レーベル:講談社ラノベ文庫
 ▼評価を表示
横線1
異世界《オルディア》は長きに渡り人と魔が争っていた。
人族でありながら《魔界》を統べる〝魔王〟ユートは、
とある目的のために身分を偽り、街の片隅で道具屋を営んでいる。
ある日、店唯一の従業員ワルワラ(ダークエルフメイド)を追いかけて
現代日本の秋葉原に赴いたユートは、JKJC姉妹──神楽嶽常立と御中に出会う。
成り行きで彼女たちをアルバイトに雇ってはみたものの……
二人はちっとも働いてくれなかった!
「冒険に行くわよ!」
「ゲームみたくレベルが上がったりするかな?」
仕事そっちのけで異世界ライフを満喫する姉妹に翻弄される魔王さまの明日はどっちだ!?
心優しき魔王とはた迷惑なJKJCが織り成すファンタジーコメディー!

※公式サイトより

横線1

ラノベのストックが手持ち無沙汰気味だったので
JKJCというタイトルに騙されて買ってみた。
後悔はしていな…と言い切れないのが残念だったかな;

   :

異世界で魔王の肩書を持ちながら道具屋の経営をしているユートが、
現代日本で知り合った神楽嶽姉妹を店員として雇ったものの、
元からの従業員であるワルワラを含め、我の強すぎる店員たちに振り回されながら
各種トラブルを解決していく…という感じのお話。
(ちなみに主人公達は好き勝手に世界間を行き来できるようです)

JKJC姉妹とワルワラのマイペースすぎる会話や行動は楽しいし、
常立のツンデレ具合といじられ具合は実に可愛いと思う。
…んだけど、最後の話がちょっとなぁ。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

しかし神楽嶽(かぐらだけ)って苗字もなんか凄そうだけど
常立(とこたち)に御中(みなか)って女の子に付ける名前じゃないだろ…;
禁書ワールドにいそうな名前だな
いやインパクトはあるけどさ…;

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

今日、となりには君がいない。【感想】

   
 【作品情報】
 今日、となりには君がいない。
   著者:清水苺
   挿絵:えいひ
 レーベル:講談社ラノベ文庫
 私的評価:B

横線1
朝霧凛。他人とふれあうことを拒んで、壁を作って、誰も寄せ付けなくて──
けれど、心の底では確かにぬくもりを求めていた、美しい黒髪の少女。
そんな彼女に僕が一目惚れをしたときから、この物語は始まった。
だけど、彼女が初めて僕に笑いかけてくれた日──僕は全てを失った。
まばゆい笑顔だけを残して、彼女は僕の前からその姿を消してしまったのだ。
そして同時に、凛に関する記憶だけが、ぽっかりと穴が開いたように、
周囲の人々の中から消えてしまう。
──それから二年。
忘れられた少女の記憶を胸に高二になった僕の前に、ひとりの転校生がやってくる。
彼女は自らのことを、朝霧凜だと語り……!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
第3回講談社ラノベチャレンジカップ《佳作》受賞作。
ところで講談社ラノベチャレンジカップと
講談社ラノベ文庫新人賞の違いがよくわからないのは僕だけですかn

(応募要項見る限りでは文字数制限と選考委員と賞金が違うだけっぽいですが。

   :

主人公・荻野卓也が一目惚れしたクラスメイト・朝霧凛。
ある日彼女が忽然と姿を消し、更には自分以外の人間から
凛に関する記憶が消えてしまっていて──そして二年後、という感じのお話。

何はなくとも件の美少女・凛が可愛いといったらないなぁ。
つっけんどんな態度で孤高なスタンスっぽい割に、
他の人と仲良くなりたくてその算段をノートにまとめたりなんかしつつも
その方法の方向性が微妙に間違っていたりとちょっと噴き出しそうになる。
それでいて荻野がちょっかいをかけるとそれはそれでばかだの死ねだの
ツンデレ気質を発揮するのがまた可愛らしい。
時として結構容赦無い一撃を(物理的に)決めてきたりもするのだけど、
不思議とこの子がやるとそんなに嫌悪感がないんだよね。むしろかわいい。
これは荻野でなくてもちょっかいかけたくなるな!
でも凛当人より凛の母親の方が可愛いと思ってしまった辺りもうダメダメである

そんな感じでヒロインの可愛さについては言うことはないんだけど、
お話の流れの方は…うーん、若干僕の好みではなかったかな?
▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。