スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SとSの不埒な同盟2【感想】

   
 【作品情報】
 SとSの不埒な同盟2
   著者:野村美月
   挿絵:ふゆの春秋
 レーベル:ダッシュエックス文庫
 ▼評価を表示

横線1
芸術音痴でありながら、美術部に入部した真田大輝と藍本ルチア。
美術部員は仮の姿で、
合奏部の想い人を美術室からガン見して、鑑賞し、Sな妄想に耽るのが目的。
ふたりは非公式な部活『鑑賞部』に所属する同志だった。
ビーチバレー大会のあと、大輝は窓子先輩と、
ルチアは代替教員の暮林とつきあい始めた。
ドMで理想的な恋人を手に入れたふたりだが、Sな妄想を実行に移せず、悩んでいた。
そんな状況を打開するため、ルチアは遊園地でのダブルデートを提案してくるが…。

※公式サイトより

横線1

大輝は窓子と、ルチアは暮林と、それぞれ付き合う事となった両名。
それが理想的…な組み合わせなのかどうかはさておいても、
相も変わらずのドSな妄想が酷すぎt可笑しくて仕方がない!
とはいえさすがに映画の手術シーンだけをリピートしたい発言は引いたけど;
そしてルチアは半ズボンから離れろ

そんな4人がWデートをすることになり、
一見して和気藹々と楽しんでいるように見える(主に大輝とルチア)だけど、
明らかに自分といる時より素の態度を曝け出している様子を見せられる側はなぁ…。
ましてやどちらもどえm…ではなく、気弱げなタイプだしねぇ…。
加えて、今度は窓子と暮林の方が実に親しげに話してるものだから、
どちらの視点で見てももどかしいと言ったらないな。

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

面白かった!
もう少しこの二人のドSな妄想を見てみたい気もするけど、
基本は恋愛モノだし、この位で完結してくれるのが丁度いいのかな。
野村さんは付き合う&別れるの繰り返しが好きらしいけど、
僕の場合はそうでもないので;

今後の大輝とルチアの不埒な関係が気になる一方、
やっぱりそれ以上に小笠原君の未来が心配で仕方ない;

横線2
<1巻の感想を読む>
<部活アンソロジー2「春」の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

世界で2番目におもしろいライトノベル。【感想】

    【作品情報】
 世界で2番目におもしろいライトノベル。
   著者:石原宙
   挿絵:H2SO4
 レーベル:ダッシュエックス文庫
 ▼評価を表示
横線1
『お前、主人公にならないか?』『…は?』
ラノベ叩きが趣味の影の薄い高校生「灰川祭」はある日、
"現世に戻ってきた、ラノベの元主人公"4人と出会う。
非日常に飽き飽きした彼らは、平凡な日常を取り戻すため、
祭に、どんな凡人でも主人公にしてしまう“英雄係数”をもらってくれと頼む。
最初は断る祭だったが、"元魔法少女"でありクラスメイトの「夏恋」の危機を救うため、
4人全員の英雄係数を引き受けると、世界が一変!
元主人公たちを脇役に従え、ラノベの最強主人公になってしまう…!!
ライトノベルへの愛と憎しみに満ちた、抱腹絶倒学園ラブコメ、新発売!!

※公式サイトより

横線1

なんぞこれ…;
いや作品として決して嫌いではないんだけど、
カオスすぎて非常に説明とか感想諸々に困るというか;
まあ8カフェの作者の作品だし、カオスなのは今に始まった事ではないけど…;
ていうか8カフェの3巻出ませんかね無理ですか

ひねくれてやさぐれて凡人街道まっしぐらな灰川祭が、
クラスメイトの危機を救うため、「英雄係数」を肩代わりし、
"主人公"になってしまう…というお話。
その英雄係数のおかげで巻き込まれたトラブルに果敢に立ち向かい、
本当の意味で主人公になる展開が熱く、面白かった。
…んだけど服装のせいで色々と台無しっすね;
あとアンラッキーインフェルノはマジで勘弁な;

ただ、"主人公"になった…なんて言っても、
獅子王が用意したグローブのおかげでそこまで主人公主人公してた訳じゃないのが残念。
グローブのデザインのせいで痛い視線は浴びてるけど
ていうかこのグローブ、獅子王自身が使ってれば
最初から英雄係数の譲渡なんて(少なくとも一人分は)要らないんじゃないですかね…。

   :

ちなみに本作で一番噴いた(と同時に凍りついた)のは獅子王の名前…


横線2
<8番目のカフェテリアガール2の感想を読む>
<8番目のカフェテリアガール1の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

東京戦厄高校第72討伐班2【感想】

   
 【作品情報】
 東京戦厄高校第72討伐班2
   著者:三上康明
   挿絵:おりょう
 レーベル:ダッシュエックス文庫
 ▼評価を表示
横線1
レベル1stの災厄討伐許可を得たチーム「トリニティ」の3人は、
戦厄高校で毎年夏に行われる校外実習に参加することに。
「星降島の洗礼」と呼ばれるそれは5つの課題をクリアし、
その点数を生徒どうしで競い合うというもの。
リゾート地で行われる合宿に浮かれ気味の生徒たちだったが、
その実体はとてつもなくハードな地獄の訓練だった!
遠炎のユーリ、弱破の乃愛が生徒会の実力者として立ちはだかる!
迅引として急成長する廻人にライバル登場!?
月佳とアリスに恋の嵐が到来!?
そして合宿に秘められた生徒会の狙いとは!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
今回の舞台は1年生全員による学校主催の校外実習。
リゾート地で四泊五日ということで、旅行気分の学生もいるようではあるけど、
まあそんな生易しいものであるわけがないよねぇ;
貸し切りの航空機で移動…と思ったら、
早々の最初の課題としてスカイダイビングを強行させられるのだから
その苛酷さや推して知るべし…と言ったところかな。
そんな状況下でも真っ先に名乗りを上げる廻人はさすがだよなぁ。
何も考えてないようでいてその実、
"素"で課題の本質を見抜いての行動なのだから侮れない。

そんな第二以降の課題についても、
表題の割に相当にハードな内容だったりもするのだけど、
トリニティのメンバー同士は元より、
他のチームとの協力体制を敷き(あるいは他チームと敵対したり)、
課題に隠された意図を予測・検討しながら
課題クリアに向けて歩みを進めていく展開が面白い!
こういう課題の意味を探って行動させるのも課題の意図するところなんだろうね。
それにしたって第二課題のラストの廻人はアホもいいところだと思うけど

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

今回も面白かった!
完全に余談じみた部分ではあるけど、
個人的には月佳・アリス間でも何かこう連携要素が欲しかったりもする所ではある。
戦闘に関しては基本的に「月佳→廻人←アリス」の支援関係だからなぁ;
(別に戦闘が全てじゃないと言うのは自覚しちゃいるんですが;


横線2
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

SとSの不埒な同盟【感想】

   
 【作品情報】
 SとSの不埒な同盟
   著者:野村美月
   挿絵:ふゆの春秋
 レーベル:ダッシュエックス文庫
 ▼評価を表示
横線1
芸術音痴でありながら、美術部に入部した真田大輝。実は、美術部員は仮の姿。
美術室から見える合奏部の美園千冬を、相手に気づかれず心ゆくまでガン見して、
鑑賞するのが真の目的。非公式な部活動、『鑑賞部』なのである。
そして、美術部にはもうひとり、自分と同じように音楽室を眺める部員がいた。
ラピスラズリのような青く深い瞳を持ち、
流れるような金髪が目にまぶしい美少女・藍本ルチア。
大輝は、ルチアも自分の同志ではないかと勘づいて…!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
ドS主人公 meetsドS超然美少女、
少しヘン(!?)な2人が、自分の恋のために手を結んで…。

なーんて公式サイトとか帯に書いてあったりするけど…
断言しよう、"少し"どころではないな、これは。
こいつらが"少しヘン"程度で済んだら世の中は聖人君子で溢れてしまうことでしょう。


※ちなみに本作、完全な新作という訳ではなく、
前身作品(というか今作の第一話まるっと全部)が
ファミ通文庫より刊行されてる「部活アンソロジー「春」」の方で
暫く前にお披露目されているので、
第一話単体の感想は「春」の感想を参照してください。

   :

とにもかくにも、真田とルチアのドSな発言が、
へ、変態だーーーーーーと思いながらも可笑しくて仕方がない!
この辺は「青」で第一話を読んだ時も同じ事を思ったのだけど、
今回長編になったこと(厳密には第二話以降が書かれたこと)で、
短編の時以上に二人の描写が掘り下げられて、より一層楽しむ事ができたなぁ。
(もちろんドS発言&行為だけでなく、二人の微妙な距離感についてもね)

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

とりあえず美園姉…というか小笠原君の未来が不安でならない;
ルチアみたいなのが二人も居るとかこの街危険すぎやしませんかね


横線2
<2巻の感想を読む>
<部活アンソロジー2「春」の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

いらん子クエスト【感想】

   
 【作品情報】
 いらん子クエスト
少女たちの異世界デスゲーム
   著者:兎月竜之介
   挿絵:wogura
 レーベル:ダッシュエックス文庫
 ▼評価を表示
横線1
どこにも居場所がない中学生、
狩屋友恵は自分のことを誰にも必要とされない“いらん子”だと思っていた。
ある日、友恵は見覚えのない異世界に飛ばされてしまう。
友恵を召喚した黒騎士と名乗る謎めいた存在は語る。
「いらん子クエストの世界へようこそ。
みなさんには今日を含めて三日間、
冒険者のパーティーに扮して凶悪な魔物たちと戦ってもらいます。
合計三回の『いらん子バトル』を生き残った方々は、
そのまま元の世界にお帰りいただけますからご安心を……」
7名の少女が生き残りをかけてゲームに挑む。
だが、『いらん子クエスト』にはまだ怖ろしい秘密が隠されていた……。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
自分を"いらん子"だと思っている女子中学生・狩屋友恵を始めとした、
大なり小なり彼女と同じ思いを抱えた7人の"いらん子"が飛ばされた異世界(?)。
「いらん子クエスト」なんていうふざけた名前とは裏腹な、
命懸けのデスゲームを強いられる少女達の成長とギスギス感がたまらないな!
というかデスゲームとかそれ以前の部分で不協和音鳴らしっぱだもんなぁこの子達…;
程度の差はあれ揃いも揃って"抱えてる"以上、
そう簡単に皆仲良く…なんて訳にはいかないんだろうけど。

「いらん子クエスト」と称されたデスゲーム。
各人にランダムで割り当てられたRPGさながらの「職業特性」を武器に、
襲い来る魔物達を倒す…までなら、文字通りのデスペナルティがあるとはいえ、
まだ"ゲーム"と言ってられたのだろうけど、
クリア後に行われる"投票"がえげつないよなぁ。
投票の結果が何をもたらすかというのは容易に想像がつくし、
何よりそこが醍醐味でもあるんですけどね!(ゲス顔

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。