スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異世界とわたし、どっちが好きなの?【感想】

   
 【作品情報】
 異世界とわたし、どっちが好きなの?
   著者:暁雪
   挿絵:へるるん
 レーベル:MF文庫J
 ▼評価を表示

横線1
ノー異世界・ノーライフ。
俺、市宮翼は異世界ハーレムを夢見る高校生だ。
俺はある日、クラス一の美少女・鮎森結月と本屋のラノベコーナーで遭遇する。
彼女は俺と同じ『異世界厨』だったのだ。
「市宮くんは異世界に行ったらなにがしたい?」
「ハーレムを作りたい」
「バカじゃないの?」
まあ、多少方向性は違っていたけど……彼女と『異世界トーク』で盛り上がった帰り道。
俺は異世界転生的な手続きをする場所に飛ばされる。
――これで夢が叶う!? しかし、現実は残酷だ。
異世界に行くためのポイントが足りないらしい。
そこで俺は一度現実に戻り、ポイント集めをはじめるが?

※公式サイトより

横線1

異世界ハーレムを夢見る主人公・市宮翼が、異世界転生を目指すお話。
…うん、これだけ書くと相当に痛い主人公な気がしてならないけど
大体合ってるからフォローしようが無いな;

そんな翼が、同じ異世界厨であるクラスの孤高の美少女・鮎森結月と知り合い、
お互いが異世界に転生するためのポイントを稼ぐため、
共同戦線を張ることになるのだけど…今回もお腹いっぱいですね;
最初は(終始?)翼に対してにべもない態度の結月ではあるんだけど、
少しずつ端々でデレてくる感じに非常にニヤニヤしておりました。
ぶっちゃけ(主人公達の趣味嗜好以外は)そこまで珍しい展開でもないんだけど、
前作のひとりで生きるもんといい、
ニヤニヤさせる展開というか描写が上手いなぁ、という印象。
翼と結月の掛け合い自体も面白いしね。
(単純に好みの波長が僕と合ってるだけ、という可能性も十分にあるけども)

   :

とりあえずこの作品はこれで完結?なのかな。
一応次回作の企画も動いてるということで、そちらも機会があるなら楽しみにしたい。
個人的にヒロインの属性はロリでないほうが嬉しいですがね

横線2
<ひとりで生きるもん!2の感想を読む>
<ひとりで生きるもん!1の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

世界の終わりの世界録7【感想】

   
 【作品情報】
 世界の終わりの世界録7
神代の暴君
   著者:細音啓
   挿絵:ふゆの春秋
 レーベル:MF文庫J

横線1
伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録<アンコール>」。
その在り処での衝突から世界が終わり始めた時代――
フィオラとの死闘の末、世界を包み込む衝撃波に巻き込まれたレンは、
妹のリンカに引き取られ一命を取り留める。
昏睡状態から目覚めたレンが目の当たりにしたのは、
天も地も全てが変わり果て荒廃した世界の姿。
英勇の遺志を継ぎ、自らの手で世界を救う決意を固めた偽英勇は、
離れ離れとなったキリシェ、フィア、エリーゼらの仲間を探し求め、
終焉の協奏曲<コンチェルト>が鳴り響く荒野を独り歩み始める。
すべての始まりとなったあの場所を目指して。

※公式サイトより

横線1

天界や冥界が混じり、文字通りの混沌と化した世界。
三大姫とも分断されてしまったレンが最初に合流する事になる主要キャラが、
あの女神様とはなかなか面白い所を突いてくる。
可愛いので全然問題ありませんがね!
そして久方ぶりの学友と会ったりもしたけれど…
そういえばレンの扱いってこんなモノでしたね;
それこそもうそんじょそこらの徊獣程度じゃレンの足元にも及ばないというのに。

しかしこれだけの経験を重ねてきたというのに、
こういう方面だとほんとヘタレやのう…;
ラノベ主人公のお約束みたいなものではあるけど、
レフスレーぜの添い寝という裏山展開から逃げるとかお前ちょっと僕と変わr

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



   :

とりあえず探していた仲間の一人とは合流できたレン。
次に再開するのは誰なのか──
もっとも、きっとまたでっかい障害がまずは待ち受けてるんだろうけど;


横線2
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

エイルン・ラストコード4【感想】

   
 【作品情報】
 エイルン・ラストコード
~架空世界より戦場へ~ 4
   著者:東龍乃助
   挿絵:みことあけみ/汐山このむ/貞松龍壱
 レーベル:MF文庫J

横線1
ロボットアニメの世界から召喚されたアニメキャラクター・エイルン=バザット。
エイルンが現れて以後、複数の規格外十番の戦線復帰&本領発揮により、
氷室義塾は対マリス戦に連戦連勝。全盛期並の大戦果を記録していた。
その事実に元機兵部三番隊隊長・七扇大和は驚愕。
「氷室義塾は、必ず俺が潰す」
初代機兵部隊長の神無木緑、そして多くの仲間を喪い、過去の怨嗟に囚われたことで
氷室義塾転覆を狙っていた大和はエイルンの調査を開始する。
一方、エイルンは虐げられたヘキサに対する世界の在り方を変えるため、
生存する全ての規格外十番を集め、壮大な計画を立ち上げる!

※公式サイトより

横線1

エイルン、セレン、テンナンバー…氷室義塾の本領発揮とばかりに、
マリス相手に勝ち星を上げていくのが気持ちが良い。
セレンと他メンバーのわだかまりもだいぶ落ち着いたようで、
こちらの面でもほっとする。
尤も日常時のエイルンの突飛行動は未だに落ち着かないようではある
亜賀沼が副部長になるために色々頑張ってたりと、
この元問題児の成長も見ていて楽しい。
まあ試験の時の演説(?)には笑ってしまったけどね;

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線2
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

世界の終わりの世界録6【感想】

   
 【作品情報】
 世界の終わりの世界録6
終焉の精霊
   著者:細音啓
   挿絵:ふゆの春秋
 レーベル:MF文庫J

横線1
伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。
その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代――
冥界に突如現れた沈黙機関の手により、
終焉の島へ向かうために必要な悪魔法印を奪われてしまったレンたち「再来の騎士」
追い詰められた事態の中、レンは、ある秘策に望みを託して結界突破に挑む。
時を同じく、終焉の島を目指して集結する王立七十二階位特務騎士団と沈黙機関。
世界の終わりと始まりが交響曲を織りなすその場所で熾烈を極める世界録争奪戦。
そして偽英勇は、英勇しか知らない世界の真実と出会う。
「こんな世界のままで終わらせない。
俺が絶対、アンタの目指した未来まで辿りつくから」

※公式サイトより

横線1

沈黙機関に悪魔法印を奪われてしまった「再来の騎士」。
沈黙機関への対抗策、あるいは悪魔法印の代替策を考える中、
五大災・ルルの正体が明らかになるのだけど…なるほど、そういうことか。
五大災の中でも少々異色というか、風格を感じさせる佇まいではあったけど、
それなら非常に納得ですわ。
まあ過去がどうであろうとルルさんが大変可愛い事には変わりがないので
別にどうでもいいんですけどねールルさんマジ天使悪魔だけど

▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼



横線2
<7巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

ざるそば(かわいい)【感想】

   
 【作品情報】
 ざるそば(かわいい)
   著者:つちせ八十八
   挿絵:憂姫はぐれ
 レーベル:MF文庫J
 ▼評価を表示
横線1
夏の日。ざるそばの出前を注文した笹岡光太郎のもとに、
自称麺類寄りの魔法少女・姫ノ宮ざるそば(かわいい)が届く。
光太郎が呆然としていると、いきなりざるそば(かわいい)は
麺類スポンサーの契約を解除されてしまう(かわいそう)。
そして、ざるそば(かわいい)の超人類的かわいさに正気を奪われた光太郎は
スポンサー探しに身を投じてしまうことになるが……。
待ち受けるは謎のMIB(麺インブラック)。謎の秘密結社(ABOS)。
謎の醤油ラーメン(美味い)。謎の夏の甲子園(魔物)。
そして――謎の魔法少女(月見そば)。
はたして人類と麺類は愛し合えるのか――?

※公式サイトより

横線1

何なんですかねこの作品…;
変に前情報とか入れず、新人賞受賞作ってこととタイトルで手にとってみたものの…
「ざるそば」がゲシュタルト崩壊しそうだとか、
訳がわからないよ、という感想しか出てこない…。
(そもそも美少女のざるそば化(byあとがき)ってなんなのさ…;)
まあ確かにざるそばちゃんが可愛いということには全面的に同意しますが!

この訳の分からない状況に主人公がツッコミ入れまくってる間は
(小ネタとして)それなりに楽しんで読めたし、
前述のとおりざるそばは可愛いんだけど、
全体として見て面白かったか、と訊かれるとちょっと首を傾げる…かも。
この全編麺属性な設定にどうにもついて行ききれなかったんだろうなぁ;
うーん、僕はどうにもこういう設定がかっ飛んだ系統の作品とは
あんまり相性が良くないらしい;
(もちろん例外はあるけれど、あくまで傾向として)


あ、月見そばちゃんも嫌いじゃないですよ

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。